スマートフォン表示用の情報をスキップ

グアダラハラ エスタンピーダ野性馬真鍮像

ページ番号67517

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年7月31日

エスタンピーダ野性馬真鍮像写真

設置日

平成3年(1991年)10月

 

形状

野生馬3頭の像

重量 一頭あたり 1t~1.5t

真鍮製

 

由来

  このモニュメントは京都・グアダラハラ姉妹都市提携10周年を記念して,グアダラハラ市から寄贈されたものです。野生馬をモチーフとした像。作品の名称は,従来,英語読みで「スタンビート」と呼んでいましたが,銘板にはメキシコの言葉であるスペイン語で標記し,読み方も「エスタンピーダ」としています。この「エスタンピーダ」は,「野生馬が群れをなして暴走するさま」を意味しています。野生馬のエネルギーに満ちた躍動感あふれるその姿は,今後の京都・グアダラハラ両市のさらなる発展を象徴しています。

 

設置場所

宝が池公園内

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際化推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055

フッターナビゲーション