スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

2000年3月 セーヌ河畔石灯ろう除幕式

ページ番号67487

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年7月22日

 

 2000年3月15日、パリ市15区セーヌ河のグルネル河畔の緑地帯において、石灯ろうの除幕式が行われました。この石灯ろうは、京都・パリ友情盟約締結40周年事業として平成10年7月にパリ市で行こなわれた時代祭行列を記念して、パリ時代祭記念石灯ろう寄贈実行委員会がパリ市に寄贈したものです。

 除幕式には、パリ市からはエレーヌ・マセ=ド=レピネ副市長、15区の区長、京都市からはパリ時代祭記念石灯ろう寄贈実行委員会の北川委員長、京都市総務局国際化推進室長のほか、多数の京都市民や関係者が出席し、盛大に開催されました。

 石灯ろうは高さ1.8メートルの錆御影石で重さは約250キロです。石灯ろうの置かれた場所は、エッフェル塔が間近に見える絶好の場所で、近くにはパリ日本文化会館や昨年の6月にできた京都広場 もあります。

 

 

除幕式市長メッセージ代読写真

市長メッセージを代読

くす玉割り写真

くす玉割り

除幕式出席者写真

マセ=ド=レピネ副市長(右端)ら出席者

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際交流・共生推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055

フッターナビゲーション