スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

入浴中の事故編

ページ番号281544

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年6月21日


入浴中の事故について

 入浴中の事故は,持病のない方でも,入浴中に意識障害を起こし発生する危険があります。特に気温が下がる冬季には注意が

必要です。入浴時の体の状態や入浴環境によっては,重大な事故につながるおそれがあります。

入浴中の事故予防

1 寒暖差による血圧の急激な変化が危ないので,入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。


2 湯温は熱すぎない41度以下,入浴時間は10分までを目安にしましょう。

3 入浴している人に時々声を掛け,体調不良になっていないか確認してあげましょう。


4 浴槽から急に立ち上がらず,手すりを持ちゆっくり立ち上がりましょう

5 食後,飲酒後,服用後(精神安定剤,睡眠薬など)すぐの入浴は控えましょう。急な血圧の変化は危険です。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局警防部救急課

電話:075-212-6705

ファックス:075-212-6748