スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

子供の入浴中の事故編

ページ番号281528

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年6月21日


子供の入浴中の事故について

 お風呂は河川,湖,海で遊ぶことと同じように,子供にとっては楽しい水遊びかもしれません。しかし,水深が浅くても溺水事故

は起こります。子供は静かに溺れていくと言われています。大人が子供の近くにいても,溺れることに気付かないこともあります。周囲

の人はこういった知識を持って一刻も早く事故に気付くようにしましょう。

子供の入浴中の事故予防

1 子供が一人で浴室に入れないように鍵などを掛けておきましょう。

2 少しの時間でも目を離さないようにしましょう。

3 髪や体を洗うときは,すべての子供を浴槽から上げましょう。

4 浴槽のお湯は入浴後すぐに抜きましょう。


子供の入浴中の事故に対する応急手当

1 大きな声で呼び掛けて反応をみます。反応がなく,呼吸が普段と違う(胸の動きがないなど)場合は,直ちに心肺蘇生法を開

 始します。

2 同時に応援を呼んで119番通報し,救急車を呼びましょう。

心肺蘇生法


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局警防部救急課

電話:075-212-6705

ファックス:075-212-6748