スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

ファイヤーコントロールボックス(ドールハウス)による火災防御研修を実施! 

ページ番号280007

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年3月1日

ファイヤーコントロールボックス(ドールハウス)による火災防御研修を実施! 

 東山消防署では,令和3年1月24日に火災の性状を正しく理解し,危険予知能力の向上を図る目的として,ファイヤーコントロールボックス(ドールハウス)による火災防御研修を実施しました。
 ファイヤーコントロールボックス(ドールハウス)とは,木造家屋に見立てた合板等で作られた模型のことで,同模型を燃焼させ,火災発生時における,燃焼の過程や拡大の状況,煙の色の変化,酸欠状態における部屋の様子などを実際に目で見て学びました。その中で,炎や煙の流れ,温度変化等を確認しながら,フラッシュオーバーやバックドラフトになる前兆の危険な煙を確認することができ,あらためて火災の危険性を再認識することができました。
 東山消防署では,今後もこのような研修等の機会を設け,安全,確実かつ迅速な現場活動ができるように努めてまいります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局東山消防署

電話:075-541-0191

ファックス:075-531-1999