スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

桂坂学区総合防災訓練で「VS地震」を実施しました!

ページ番号258411

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年10月2日

桂坂学区総合防災訓練で「VS地震」を実施しました!

桂坂学区自主防災会 令和元年9月15日(日曜日)10時20分~正午

 桂坂学区自主防災会では,学区総合防災訓練に参加した学区民を対象に地域発災型訓練(※「VS地震」)を実施しました。

 この訓練では,小火(ぼや)や下敷きの被災現示カードを使用してグラウンドに地震発災直後の状況(15軒程度の街区)を再現し,自宅から「地域の集合場所」へ避難するまでにどのように消火や救出をしていくのか,また,どのように被害情報や安否確認をしていくのかを確認し合いました。  

 残暑厳しい中ではありましたが,訓練に参加された皆さんは,真剣に取り組まれ,向こう三軒両隣の助け合いにはじまり,隣組,自主防災部単位へと地域住民による共助が広がる,その意識を高める必要性を感じておられました。

 西京消防署では,大規模地震発生時の地域住民による自助・共助の重要性を市民の方に周知するため,今後も各自主防災部単位で「VS地震」の指導を継続していく予定です。

1 自宅発災直後【自助】 身の安全を守る(頭を守り,姿勢は低く,動かない)


2 隣近所で小火(ぼや)や下敷きに対応【共助】



3 情報収集をしながら「地域の集合場所」へ避難


【2⇔3:人員や器材が近隣になければ,「地域の集合場所」で助けを求める。】

※  「VS地震」とは,京都市消防局が平成30年度から地震発災直後における行動,近隣住民による早期協力体制及び初期消火の重要性の理解を深め,「地域の集合場所」を中心とした即時の対応能力を向上させ地域防災力を強固にすることを目的に指導を実施している取組です。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局西京消防署

電話:075-392-6071

ファックス:075-381-1999