スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

文化財を火災から守れ!!消防局長特別査察を実施

ページ番号254787

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年7月17日

文化財を火災から守れ!! 消防局長特別査察を実施

 東山消防署では,夏の文化財防火運動開始前日の7月11日,区内で唯一の世界文化遺産に登録されている

清水寺に対し,山内京都市消防局長による特別査察を実施しました。


 消防局長による特別査察を実施するに至った経緯は,4月15日に発生した世界文化遺産であるフランス パリの

ノートルダム大聖堂での火災を受けたもので,出火当時,同大聖堂は工事作業中であったことから,

現在,工事中である清水寺に対し,工事中における火気管理を主眼においた査察を行いました。

 特別査察には,山内局長のほか,吉田東山消防署長,岡本東山消防団長が随行し,清水寺からは

大西執事補,田中清水寺警備団副団長等が同行して,大屋根の葺き替え工事中の本堂の火気取扱いや

消防設備の点検を行いました。


 大西執事補,田中清水寺警備団副団長には,改めて文化財の防火対策の重要性について認識して

いただくとともに,「後世に文化財を引き継がせる。」と決意を新たにしていただきました。
 
 






このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局東山消防署

電話:075-541-0191

ファックス:075-531-1999