スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

夏の文化財防火運動の取組

ページ番号223195

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年7月21日

夏の文化財防火運動の取組で,広く文化財防火を呼び掛けました

 南消防署では夏の文化財防火運動(7月12日~18日)の取組として,「みんなで文化財を火災からまもろう」をスローガンに,文化財社寺での街頭広報などを実施し,文化財防火を呼び掛けました。

南消防団との合同による街頭広報

 夏の文化財防火運動初日,世界文化遺産の東寺において,南消防団と合同による街頭広報を実施しました。

 地元の南梅逕分団と九条分団の分団員も,貴重な文化財を火災から守るため,熱い心と優しい笑顔で火災予防を呼び掛け,参拝に訪れた皆さんも足を止めていただきました。

 また,外国からの参拝者も多く,片言の英語で「火の用心」を伝えると「ヒノヨウジン」と復唱していただき,「火の用心」が世界の共通語になればと思いつつ,世界文化遺産での街頭広報となりました。


文化財レスキュー器材の保守点検

 7月16日に光福寺において,光福寺文化財レスキューに配置されている文化財レスキュー器材の点検を実施しました。

 光福寺文化財レスキューは,地域住民の皆さん,壇家の皆さんで構成されており,万が一の際に駆け付け,初期消火や文化財の搬送活動などを行っていただくものです。

 この日は,その光福寺文化財レスキューの皆さんと,地元,久世分団員が合同で,ライトの電池や,台車の可動状況など,一つ一つ入念に点検を行いました。

 「点検や訓練だけにしといて,実際には使いたくないね」と皆さん口を揃えておっしゃっていました。


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局南消防署

電話:075-681-0711

ファックス:075-671-1999