スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

災害現場指揮支援車

ページ番号188037

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月2日

 大規模災害,特殊災害時に,他の関係機関と情報を共有し,活動の調整などを行う現地指揮本部や,現場指揮本部等として運用することを目的とした車両です。

 車内は,指揮活動を行うために空間を確保し,無線,衛星電話,情報通信機器等を積載することにより,情報を集約できる機能を有しています。上鳥羽特別高度救助隊が火災や救助事故等の災害時に運用しています。





運用部隊

上鳥羽特別高度救助隊

主要諸元

型式 拡幅型災害現場指揮支援車

シャシ型式

日野自動車

BDG-FD8JGW

駆動方式等

二輪駆動・エアーサスペンション ABS

乗車定員

7名

全長

7.15m

全幅

2.40m

全高

3.60m

最小回転半径

5.7m

車両総重量

7,980kg

燃料・軽油

100L

変速機

6MT

定格出力(KW)

177(240PS)

総排気量(L)

7.684

拡幅時指揮室内寸法

室内長

4.20m

室内幅(走行時/拡幅時)

1.93m/3,93m

室内高

1.91m

室内有効面積(走行時/拡幅時)

8.1㎡/16.5㎡

発動発電機

5.5KVA

空調設備

冷房・暖房(5.5kw)・換気扇

単相式発電機

7.5KVA

屋外照明設備

遠隔操作式(150W×2灯・小型カメラ搭載)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062