スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「京都四條南座」で俳優や観客も参加する合同防災訓練を実施

ページ番号166975

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年6月11日

「京都四條南座」で俳優や観客も参加する合同防災訓練を実施

 京都市内初です。「京都四條南座」において,お芝居の公演中に地震が発生したという想定で合同防災訓練が行われました。

 訓練の内容は,京都府南部を震源とする内陸直下型地震が発生し,公演中の劇場内で火災が発生したとの想定で,劇場関係者や舞台関係者により119番通報,初期消火,観客の避難誘導が行われました。

 この訓練には,京都四條南座の自衛消防隊,松竹新喜劇の出演者,そして一般観客に交じって地元の開睛小学校6年生約100名が参加しました。

 また,この訓練では,お芝居の公演中を想定したものであったことから,地震発生時,舞台上の俳優が観客に対して,命を守るための初期行動の指示と避難誘導が行われました。

 

 


【新喜劇公演中の様子】


【観客への呼び掛けの様子】


【地震発生!客席で一斉に身を守る姿勢】


【舞台上から役者による避難誘導の様子】


【防災センター内での様子】


【自衛消防隊による初期消火】


【南座前に避難した観客と役者】


【自衛消防隊長から消防隊指揮者への引き継ぎ】


【消防隊による負傷者の救出】


【消防隊による放水活動】

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局東山消防署

電話:075-541-0191

ファックス:075-531-1999