スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「京都におけるバイオイノベーション~身近なバイオ計測:抗体を使った分析技術の実際と新展開~」の開催について

ページ番号162034

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年1月31日

「京都におけるバイオイノベーション~身近なバイオ計測:抗体を使った分析技術の実際と新展開~」の開催について

 京都市では,バイオ産業を21世紀の京都産業を支える大きな柱と位置付け,「京都バイオシティ構想」に基づき,「京都バイオ産業技術フォーラム」の開催など,産学公連携によるバイオ分野におけるイノベーションの創出と産業振興を図るため,ネットワークの構築や研究開発支援に取り組んできました。この度,京都市では,京都市産業技術研究所及び,(公財)京都高度技術研究所と連携して京都地域のバイオ関連産業のさらなる発展に向けた研究会を開催しますので,皆様の御参加をお待ちしております。                                                                                                                               

                                    記

 

1 開催日:平成26年2月27日(木曜日)午後2時~午後5時45分

       (交流会 午後6時~)

2 場 所:

【研究会】京都市産業技術研究所2階 多目的ホール

【交流会】京都リサーチパーク1号館 2階 サイエンスセンタークラブ

3 募集:80名

4 参加費:無 料(交流会に参加される場合は,2千円を徴収させていただきます。)

5 申込締切:定員になり次第締め切らせていただきます。

6 主 催:京都市,(公財)京都高度技術研究所,京都バイオ産業技術フォーラム,バイオ計測・試薬研究会

7 申込方法:Web( http://www.astem.or.jp/biocity/ )申込みフォームでお申し込みください。

 ※詳細については,広報資料を御覧ください。

※抗体を使った分析技術は,妊娠検査薬等の体外診断薬をはじめ,日々の健康診断,衛生環境検査,農薬分析,アレルギー原材料検査など,様々な場面で利用されています。今回の研究会では,高感度分析技術として一般に広く普及するイムノアッセイ技術を紹介するとともに,導入,参入を希望する企業様へのサポートの取組や今後更に発展が期待される先端の研究開発を紹介します。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局新産業振興室

電話:075-222-3324

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション