スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

道徳の評価に関する教員向けリーフレット「特別の教科 道徳 評価について」の作成について 

ページ番号232703

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年3月13日

「特別の教科 道徳 評価について」の作成について

 平成30年度(※)から,道徳の時間が「特別の教科 道徳」として新たに位置付けられ,児童生徒の学習状況や成長の様子について評価を行うこととなります。その際,数値による評価は行わず,児童生徒が自らの成長を実感し,さらに意欲的に取り組もうとするきっかけとなるような記述式の評価を行うことが求められています。

 そうした中,本市では,各学校において評価のあり方を検討し,共通理解する際の参考資料として,評価に関する基本的な考え方や配慮事項等とともに,試行実践した事例をまとめた教員向けのリーフレットを作成しました。本リーフレットの活用を通して,児童生徒一人一人の人間的・道徳的な成長を温かく見守り,共感的な理解に基づいて,よりよく生きていこうとする努力を認め,励ます評価の実践を進めてまいります。

※小学校:平成30年度から,中学校:平成31年度から

特別の教科 道徳 評価について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 教育委員会事務局指導部学校指導課

電話:075-222-3808

ファックス:075-231-3117