スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

薬物から子どもを守る十か条について

ページ番号200008

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年5月25日

薬物から子どもを守る十か条について

 京都市教育委員会では,「薬物は子ども一人一人の身近に迫っている」という強い危機意識を,教職員の一人一人はもとより,保護者・地域と共有し,更に行動の共有につなげるため,子どもに薬物乱用の危険性を実感させる指導の充実・徹底や家庭・地域を含めた啓発活動の一層の推進に取り組んでおります。

 御家庭においても,お子さんの様子をしっかりと見守っていただき,気になることがありましたら,学校や少年相談窓口にご相談ください。

 

1.飲酒・喫煙・薬物について子どもと話し合いましょう

子どもとよく話し合い,「誰でもやっている」「害が少ないという誤った認識」を変えましょう。

2.子どもの話をよく聞きましょう

話を聞こうとしていることを,言葉や態度で示しましょう。

3.子どもが話しやすい雰囲気を作りましょう

努力や成果をほめてあげましょう。

子ども自身を攻撃せずに,誤った行動を正すようにしましょう。

4.勇気を出して「NO」と言うことの大切さを伝えましょう

友人に引きずられることなく,勇気を出して「NO」と言うことの大切さを伝えましょう。

5.保護者が模範となるよう努めましょう

子どもは,保護者の言動を必ず見ています。保護者の言動は,子どもの生活に強い影響を与えます。

6.子どもが友人から圧力を受けても支えましょう

友人からの悪い誘いに「NO」と返事をすることで,プレッシャーがかかることがあります。力強く支えましょう。

7.家庭内で大人のルールを決めましょう

飲酒,喫煙等において,「子どもの手の届くところに置かない」「子どもに勧めない」等,家庭内での大人のルールを徹底しましょう。

8.一緒に子どもが打ち込めるものを探しましょう

飲酒や喫煙,更に薬物への誘惑を絶ち,興味本位で手を染めることがないよう,子どもが夢や希望をもって打ち込み,全力で取り組める環境づくりに努めましょう。

9.他の保護者と協力できるようにしましょう

子どもの友人の保護者と協力し,子どもの様子に変わったことがあれば,お互いに連絡・情報交換できる関係を築きましょう

10.飲酒・喫煙・薬物について子どもと一緒に学習しましょう

保護者も,一緒に飲酒・喫煙・薬物の知識を深めましょう。

薬物から子どもを守る十か条について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

保護者啓発チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 教育委員会事務局指導部生徒指導課

電話:075-213-5622

ファックス:075-213-5237