スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

梅小路公園「市電ひろば」における市電を活用した店舗事業者の選定結果について

ページ番号159751

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年12月3日

梅小路公園「市電ひろば」における市電を活用した店舗事業者の選定結果について

 この度,京都市梅小路公園内に新設する「市電ひろば」において,市電車両を活用した店舗の運営を行う事業者について,学識経験者を含めた梅小路公園にぎわいづくり意見聴取会議の審査結果を踏まえ,下記のとおり選定しましたので,お知らせします。

                   記

1 施設概要

  所在地・場所 : 京都市下京区観喜寺町梅小路公園「市電ひろば」内 

  使用面積(予定): 約80㎡(市電店舗(2両):約60㎡,バックヤード:約20㎡)

 

2 選定事業者

  事業者名:株式会社京都駅観光デパート  (株式会社エーゲル,株式会社立誠社との共同提案)

  代 表 者:代表取締役 福山 隆夫

  所 在 地:京都市南区東九条上殿田町52番地

  共同事業者及び業務内容

     〇 株式会社京都駅観光デパート

    ・土産物等の販売(京都駅ビル専門店街ザ・キューブ店他)

    ・不動産賃貸(京都駅ビル専門店街ザ・キューブの運営)

  〇 株式会社エーゲル(京都市西京区)

    ・広報プロモーションサポート(右京区太秦キネマ・キッチン運営他)

  〇 株式会社立誠社(大阪市此花区)

    ・全国の電車をモチーフにした商品や地域限定商品の企画・販売

 

3 提案内容

  「市電カフェ」及び「市電ショップ」の運営

  ・京都市内各地の地産品を使った商品及び鉄道グッズ等の販売,飲食類(オリジナルドリンク,軽食等)の提供 

  ・市電ひろばにおいて,イベントやワークショップを随時開催し,住民参加型のひろばの活用を定着させる。

 

4 管理を許可する期間(予定)

  平成26年1月下旬~平成28年3月31日(3年毎に更新可,最長10年間) 

  ※ 店舗の営業開始は,平成26年2月下旬頃を予定。

 

5 応募事業者数

  5者

 

6 梅小路公園にぎわいづくり意見聴取会議委員

  委員長    谷口 知弘(同志社大学大学院総合政策科学研究科客員教授)

  副委員長   山田 信祐(京都市建設局防災・減災担当局長)

  委員     荒川 朱美(京都造形芸術大学環境デザイン学科教授)

          奥田 希充子(公認会計士・税理士)

          本政 和好(大内学区自治連合会会長)

 

7 選定概況

  「梅小路公園内市電ひろば(市電を活用した休憩所)内での店舗事業者募集要項」の各審査項目に基づき,意見聴取会議委員による書類審査及び事業者との提案内容に関する質疑応答を経て,事業者として相当と認められる応募者を選定した。

 株式会社京都駅観光デパート

  配点 100点

  委員平均得点 83.0点

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 建設局みどり政策推進室

電話:075-222-4114

ファックス:075-212-8704

フッターナビゲーション