スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

自転車・京都街角セッション(第6回)の開催について  

ページ番号77423

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2010年3月23日

広報資料

平成20年11月20日

建設局(自転車政策課 222-3565)

この度,自転車・京都街角セッション(第6回)を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 

                                                                記

 

1 開催日時  

  平成20年11月25日火曜日午後2時30分から

 

2 開催会場  

  ゼスト御池 河原町広場 マルチビジョン前

 

3 プレゼンテーション(2組)

  1.  森 広     (立命館大学政策科学部2年)

    丸山 誠吾(立命館大学政策科学部2年)

        「フランス型自転車共有システムの提案」

 

  2. 前田 勝    (京阪電気鉄道株式会社 鉄道企画部課長)

      「駅前駐輪場整備と鉄道事業者の役割」

    

4 コアメンバーの構成(敬称略・五十音順)

  赤城夫婦  (作家)

  近藤 淳也 (株式会社はてな代表取締役)

  塩瀬 隆之 (京都大学大学院情報学研究科助教)

  多賀 一雄 (特定非営利活動法人自転車活用推進研究会理事)

  谷口 忠大 (立命館大学情報理工学部助教)

  谷本 新   (店舗企画・広報・コンサルタント)

  中川 大   (京都大学大学院工学研究科教授)

  深井 晃子 (京都服飾文化研究財団理事/チーフ・キュレーター)

  藤井 輝男 (錦市場「津之喜酒舗」代表取締役)

  山田 章博 (有限会社市民空間きょうと代表)

 

 

5 今後の開催日時,プレゼンテーション内容

   第7回(最終回) 平成20年12月25日木曜日(予定)

     【赤城夫婦】 「おしゃれな自転車環境」

      【谷本 新】  「さまざまな自転車カルチャーが存在する街・京都」

   

   ※ 第7回のセッション開催日程は現時点での予定です。

      確定次第,毎回ごとに改めて広報発表にてお知らせします。

 

6 参考

 【開催趣旨】

 日頃から「自転車ユーザー」として自転車とかかわりを持ち,京都市における自転車交通のあり方について,様々な視点から個性溢れるユニークな発想をお持ちの市民の方々に,セッションコアメンバーとしてお集まりいただき,「自転車」を切り口とした個性あふれる多彩なテーマで,独創的でユニークな意見の交換,提案を行っていただきます。

 このセッションは,市民と協働して,市民と共に汗しながら,「市民の感覚を採り入れた」政策を作り上げていくための新たな取組で,ゼスト御池のマルチビジョン等を使ったプレゼンテーションや,ユニークな市民感覚あふれる意見を,公開の場で,コアメンバーにより討論していただくことを目的としています。

 【開催概要】

○セッションは全7回にわたって,ゼスト御池 河原町広場で開催するオープンな会議。

(第1回6月25日,第2回7月22日,第3回8月25日,第4回9月25日,第5回10月24日は開催済み)

○コアメンバー(4参照)を中心に,「京都市における自転車交通」について,個性的なアイデアあふれる多彩なテーマで,マルチビジョン等を活用してプレゼンテーションを行う。その後,フリートークによる意見交換,提案をしていただく。

○全7回のセッションが終了した後に,意見・提案などをとりまとめて,京都市へ提言。

お問い合わせ先

京都市 建設局自転車政策推進室

電話:075-222-3565

ファックス:075-213-0017

フッターナビゲーション