スマートフォン表示用の情報をスキップ

関西電力株式会社への株主提案

ページ番号274582

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年11月10日

関西電力株式会社への株主提案

 京都市では,「京都市エネルギー政策推進のための戦略」を策定し,「原子力発電に依存しない持続可能なエネルギー社会」を目指しており,平成24年度から毎年度,関西電力株式会社に対して,脱原発依存をはじめ,経営の透明性の確保,事業形態の革新などの株主提案議案を提出し,一貫して大胆な経営方針の転換を求めてきました。

令和2年度株主提案

 第96回定時株主総会(令和2年6月25日)において,京都市の単独提案1議案,京都市・大阪市・神戸市の共同提案2議案及び京都市・大阪市の共同提案2議案はすべて否決されました。

 「原子力発電に依存しない持続可能なエネルギー社会」の実現は,京都市会の決議であり,京都市民をはじめ多くの国民の願いです。

 福島原発事故の教訓を決して風化させてはならず,市民や事業者とともに,徹底した省エネと創エネ,イノベーションの創出に取り組んでいかなければなりません。

 今後とも,国や関西電力に対し,「脱原発依存」を粘り強く訴え続けるとともに,関西電力の株主として,引き続き,経営の透明性の向上を求めてまいります。

これまでの提案議案

関連情報

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション