スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

新型コロナウイルス感染症に係るマスク等の捨て方について

ページ番号268160

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年5月12日

新型コロナウイルス感染症に係るマスク等の捨て方について

 新型コロナウイルス等の感染症対策として,マスクやティッシュ等のごみを捨てる際には,マスク等を袋で包んだうえで,「燃やすごみ」として本市指定の燃やすごみ用ごみ袋(黄色い袋)に入れ,ごみ袋の口をしっかりとしばって排出してください。

 ごみ収集作業を行う際,ごみ袋が破裂して中身が飛散する場合があり,収集員が感染するおそれがあります。

 また,マスク等は「燃やすごみ」であるため,「容器包装プラスチック」や「缶・びん・ペットボトル」の資源ごみのごみ袋には,決して入れないでください。

 資源ごみを分別する際に,ごみ袋を開けて異物を取り除く作業があるため,作業員が感染するおそれがあります。

 更なる感染拡大を防ぐため,「ごみに直接触れない」,「ごみ袋はしっかりとしばって封をする」,「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけるようよろしくお願いいたします。

ご家庭でのマスク等の捨て方について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

環境政策局 循環型社会推進部
ごみ減量推進課 075-213-4930

フッターナビゲーション