スマートフォン表示用の情報をスキップ

家庭ごみの細組成調査

ページ番号248968

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年4月16日

調査概要

 本調査は,家庭ごみを対象として,昭和55年度から毎年1回継続的に実施しています。

 本市が定期収集する燃やすごみ,缶・びん・ペットボトル,小型金属類,プラスチック製容器包装を,市内のごみ収集場所でサンプリングし,プラスチック類,紙類といったごみの物理組成だけでなく,排出前の使用用途により,300項目以上に細分類を行っています。また,燃やすごみの試料サンプリング時に排出者に対し,世帯人員や住居形態,ごみ減量行動の実践等についてヒアリングすることによって,生活の背景と関連させて,ごみ質・ごみ量の実態を把握しています。

 調査結果は,本市のごみ減量施策やごみに関する目標値について検討するための基礎資料として活用しています。

調査結果

調査結果(物理組成円グラフ)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

厨芥類特別調査

 

 家庭の生ごみの詳細な内訳についてはこちら外部サイトへリンクします(京都生ごみスッキリ情報館)

 

お問い合わせ先

環境政策局循環型社会推進部 ごみ減量推進課
電話 075-213-4930

フッターナビゲーション