スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

自然体験活動等の「体験の機会の場」の認定について

ページ番号130885

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年7月29日

自然体験活動等の「体験の機会の場」の認定について

「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(環境教育等促進法)」が平成24年10月1日に全面施行され,この法律に基づき,土地又は建物の所有者等が,京都市域にある土地又は建物を,

1  自然体験活動の場

2  その他の多数の者を対象とするにふさわしい環境保全の意欲の増進に係る

   体験の機会の場

として提供される場合,これを認定する制度が始まりました。

 

法律についてはこちら外部サイトへリンクしますを御覧ください。

認定を受けることができる者

・土地または建物(京都市域に限る)の所有者

・土地または建物(京都市域に限る)の使用及び収益を目的とする権利を有する者

・国民(外国人を含む)及びこれらの者の組織する民間の団体(任意団体を含む)

ただし,次に該当するものは申請できません。

・認定を取り消され,取消から2年以内の者

・団体の役員が上記に該当する場合

 

※ 申請手続及び必要な書類は以下のとおりではありますが,事前に当課まで御相談をお願いします。

申請手続

申請手続について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

様式

必要な書類をダウンロードしてください。

申請時に必要な書類

実施者の同意書 (土地の所有者が事業の実施者である場合は不要)

認定を受けた体験の機会の場の変更及び廃止時に必要な書類

事実の発生した日から30日以内に届け出てください。

認定を受けた体験の機会の場の更新時に必要な書類

有効期間が満了する日の30日前までに提出してください。

認定を受けた体験の機会の場で行った事業の実施状況の報告時に必要な書類

事業年度終了後3箇月以内に提出してください。

【お問い合わせ先】

環境政策局環境企画部環境管理課

住所:中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地 

電話:075-222-3951  FAX:075-213-0922

受付時間:9時00分から17時00分まで

 

※ なお,土地又は建物が,

京都市と京都府内の他の市町にわたる場合(例:京都市と宇治市)は,

京都府文化環境部環境・エネルギー局環境政策課

電話:075-414-4704

京都市と大阪府又は滋賀県にわたる場合(例:京都市と大津市)は,

環境省総合環境政策局環境教育推進室

電話:03-5521-8231

にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局環境企画部環境管理課

電話:075-222‐3951

ファックス:075-213-0922

フッターナビゲーション