スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市保健福祉局が実施する助成制度等

ページ番号271883

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年8月7日

京都市保健福祉局が実施する助成制度等

新型コロナウイルス感染症に関連して,障害福祉サービス等事業者を対象として,以下の助成事業を実施しています。詳しくは,障害保健福祉推進室(222-4161)までお問い合わせください。

サービス継続支援事業<要綱準備中>

生活介護事業所の職員が,新型コロナウイルス感染症感染等により出勤が困難となった場合に,応援職員の派遣に要する経費や代替サービスの提供に要する経費等について助成します。

障害者福祉施設等における施設内消毒費用補助

障害者福祉施設・事業所において,新型コロナウイルス感染症が発生した場合等において,感染拡大防止のため,建物や設備の消毒を事業者へ依頼する際の経費を助成します。

詳しくは,こちらをご覧ください。

障害者支援施設における多床室の個室化改修

新型コロナウイルス感染症感染者の発生等に備え,障害者支援施設における多床室の個室化に要する経費を助成します。

障害者支援施設等における簡易陰圧装置設備の設置<要綱準備中>

新型コロナウイルス感染症感染者の発生等に備え,障害者支援施設,共同生活援助事業所における簡易陰圧装置の設置に要する経費を助成します。

就労継続支援B型事業工賃補償(募集期間は終了しました)

就労継続支援B型事業所について,新型コロナウイルス感染症拡大に伴い,生産活動収入が減少し,一定の工賃の支払が困難な場合に,工賃を助成します。(募集期間は終了しました。)

就労系障害福祉サービスにおける在宅就労導入支援事業<要綱準備中>

就労系障害福祉サービス事業所に対し,利用者のテレワークに関するシステム導入経費等を助成します。

障害福祉サービス事業所でのICTモデル事業

障害福祉サービス事業所でのICT導入に係るモデル事業に要する経費を助成します。

経済情勢の悪化に伴う失業者等の障害者福祉施設等就職支援事業について

新型コロナウイルス感染症に伴う経済情勢の悪化により失業者等が増加していることから,失業者等の早期再就職につなげるとともに,障害者福祉の担い手確保に資することを目的として,障害者福祉施設等の職員として採用された方に対し就労継続奨励金及び就労定着支援を支給する「失業者等の障害者福祉施設等への就職支援事業」を実施します。 (採用計画書の提出は令和2年7月14日から。)※定員になり次第,受付終了。

詳しくは,こちらをご覧ください。

「支え合い支援金」の支給について

 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中,市民生活の維持に御尽力いただいている医療機関及び高齢,障害,子ども・子育て支援に係る社会福祉施設・事業所等に対して,「支え合い支援金」を支給します。

 対象となる施設等に対し,7月末以降,必要書類をお送りしています。詳しくは,こちらをご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション