スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

ほほえみ交流活動支援事業について

ページ番号233831

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月16日

ほほえみ交流活動支援事業とは?

 ほほえみ交流活動支援事業は,学校や地域などにおいて,障害のある人とない人が相互に交流する機会を広げることにより,障害や障害のある人への理解促進を図るため,平成25年度から京都の障害者団体などが小中学校・児童館と協働で実施しています。

事業内容

(1)障害の体験・交流学習

   学校の授業や課外活動で,児童・生徒と障害者団体が交流し,障害の体験・交流学習を実施します。          




【交流風景】身体に障害のある方(車いすの方)のお話と車いす操作の学習



【交流風景】視覚に障害ある方からの体験談,声掛けの大切さ,実際の手引き体験

障害の体験・交流学習 事業リスト(平成29年度)
        テーマ

対象者

配慮していただきたいこと 実施団体               テーマの内容
1福祉学習会での講師派遣及び車いす体験など様々な障害者体験実習児童・生徒駐車スペース(数台)の確保
 (車いす搬入のため)
NPO法人 京都市肢体障害者協会
  
障害者に対して,社会参加促進や生活支援に関する事業を行い,障害福祉の向上に寄与することを目的に活動しています。車いす体験では,車いすで生活している方からお話を聞き,実際に車いすを押す役・乗る役を体験します。また,参加障害者の個々の体験談をリレー形式で講演することも可能です。
2要約筆記ってどんなことするの
   ~中途失聴者や難聴者のために~
児童・生徒駐車スペース(数台)の確保NPO京都市中途失聴・難聴者協会
 
中途失聴者や難聴者の社会参加促進および障害者福祉の向上に寄与する活動を行っています。この体験・交流学習では,難聴者からお話を聞き,要約筆記の体験をします。
3視覚障害の理解について
    ~手引き体験・点字体験~
児童・生徒駐車スペース(数台)の確保
手引き体験用のアイマスクの準備,点字体験の場合は,点字器の貸出や点字用紙等をご用意します。
(公社)京都府視覚障害者協会「ひとりぼっちの視覚障害者をなくそう」が合い言葉。障害があっても安全で豊かに暮らせるバリアフリー社会の実現をめざして,京都府・京都市で暮らしている視覚障害者の様々な要求をまとめ,視覚障害者を含めた全ての人たちが社会参加していけるよう様々な活動に取り組んでいます。 この体験・交流学習では,視覚に障害がある方からお話を聞き,手引き体験や点字体験を行います。
4はじめての手話  ~手話は言語です~児童・生徒駐車スペース(数台)の確保
京都市聴覚障害者協会
  
聴覚に障害のある方の豊かな暮らしを築くため,交流や支え合いの活動をはじめ,聴覚障害者生活訓練事業などの事業に取り組み,聴覚に障害のある方の社会参加の促進,福祉の向上を目指しています。「はじめての手話」では,手話で簡単なあいさつや自己紹介ができるよう体験を行います。
5「ハンドアーチェリー」を使ってゲームを楽しみながら交流を深めましょう!児童・生徒駐車スペース(数台)の確保
(公社)京都市身体障害児者父母の会連合会車椅子利用の障害のある市民から,外出時に困ることや手伝ってもらったらうれしいことなどを話し,障害のない児童と意見交換して理解を深めてもらうとともに,ハンドアーチェリーを一緒に楽しんでお互いの理解を深めるとともに共感を築きます。
6教職員と保護者向けの自閉症体験
~目からウロコ!自閉症の世界を疑似体験してみませんか?
教職員・保護者駐車スペース(数台)の確保
 (プロジェクター等の機器搬入のため)
京都府自閉症協会普段何気なく行っているコミュニケーションが,自閉症スペクトラムの人たちにとって,どれほど難しいことなのか。疑似体験を通じて自閉症の理解を深めていきたいと思います。後半は,自閉症をはじめとする発達障害について分かりやすく解説します。
その他のテーマ

(2)出前講演

  学校の授業や保護者会などへ,障害や障害のある人への理解を深めるための講演の講師を障害者団体が派遣します。



【交流風景】精神に障害ある方の体験談

出前講演 事業リスト(平成29年度)
テーマ対象者配慮していただきたいこと実施団体テーマの内容
101「身体障害児(者)を育てる中で」
    ― 親の立場からの体験談
教職員・保護者・地域の人等駐車スペースの確保
(内容によって台数が決まりますので,調整段階でお伝えします。)
(公社)京都市身体障害児者父母の会連合会
 
重度の障害のある市民(子ども・大人)やその家族が,地域であたりまえに暮らせるようになることを目指して,重度の障害のある子の子育ての体験談(その苦労や喜びについて等)を親が語ります。当事者の声に耳を傾けることにより,他者への配慮や想像力を養い,より良い社会に向けた考察を深めます。 
102「身体障害者のこれからの地域生活を考える」
       ― 親の思い,現状と課題 
生徒・教職員・保護者・地域の人等重度の障害のある市民(子ども・大人)やその家族が,地域であたりまえに暮らせるようになることを目指して,親や本人が工夫・努力していることや地域に求めたいことについて語ります。当事者の話やビデオにより紹介するとともに,可能であれば当事者との直接交流も実施し,「障害」への理解を深めます。
103「重い身体障害のある人たちとのかかわりについて」
    ― 障害の理解とかかわり
重い障害のある人は,意思表示がわかりにくく,コミュニケーションが困難なことが多くあります。それゆえに初めて見た人には「とまどい」や「どのようにかかわったらよいのだろう」という気持ちが生じることがあります。 「脳性マヒ」「不随意運動」「てんかん」などについて,学びながら,「障害」やかかわりについて理解を深めます。
104「福祉・介護の仕事-重い身体障害のある人とかかわる仕事」
        ―  福祉・介護の仕事の魅力について
「キャリア教育」,「自分の夢や将来像」等の授業の一環として,実際に現場で働く職員が「福祉・介護の仕事」の内容や魅力を伝えます。今後,高齢化が進む中で共生社会の実現が求められています。命の大切や思いやりを育み,支え合う社会の実現に向けた仕事のやりがいについて学びます。
105車いす障害者の家庭生活について児童,生徒,教職員・保護者・地域の会等駐車スペースの確保
(内容によって台数が決まりますので,調整段階でお伝えします。)
NPO法人 京都市肢体障害者協会障害者の社会参加促進や生活支援に関する下記の事業を踏まえて,各テーマについてお話しします。1.障害者当事者の体験談を通じて,障害者理解を深める事業 2. 障害者の社会参加と共生には何が必要かを考える事業  3.障害者当事者からみた「障害者差別解消法」を考える事業 4.障害者の生活相談 ,結婚相談事業  5.障害者の交流,機能回復訓練事業 6.障害者への情報提供事業 7.障害者の学習研修事業  8.障害者問題の広報啓発活動 また,「車いす体験」又は「卓球バレー体験」も併用して利用して頂けます。
106街のバリアフリーについて
107肢体障害者に関するお話
108車いすスポーツについて東京オリンピックとパラリンピックが2020年の開催に向け,障害者車いすスポーツを広く市民の皆様に紹介します。そして,「卓球バレー」の体験もして頂けます。
109自閉症スペクトラムの理解のために   
~保護者の体験談~
教職員・保護者 京都府自閉症協会自閉症スペクトラムについては,まだまだ理解を得られておらず,困難な状況に陥っているケースも少なくない現状であり,このような状況を改善するためには,周囲の人が障害についての理解を深めることが重要です。特に,知的な遅れのないタイプのお子さんをお持ちの保護者が体験をお話しし,障害特性についてもお話しいたします。
110視覚障害の理解について児童・生徒講師(単独)を最寄りの駅やバス停までの送迎をお願いします。
(公社)京都府視覚障害者協会「ひとりぼっちの視覚障害者をなくそう」が合い言葉。障害があっても安全で豊かに暮らせるバリアフリー社会の実現をめざして,京都府・京都市で暮らしている視覚障害者の様々な要求をまとめ、視覚障害者を含めた全ての人たちが社会参加していけるよう様々な活動に取り組んでいます。 視覚障害者が生活する上で,困っていること,工夫していること,またサポートをお願いしたい内容などについて,障害当事者が講演させていただきます。
111心の病について
~早期の適切な対応の重要性~
★こころの変調に気付きましょう
教職員・保護者,地域住民等 (公社)京都精神保健福祉推進家族会連合会不登校や引きこもり,いじめなどの問題を抱える子どもに適切な対処を怠ると,苦しみを解消できないまま成長する中で,うつやパニック障害などの精神疾患を発症してしまうことがあります。集団になじめず不登校,いじめにつながっていることもあります。子どもの苦しみに寄り添い問題解決するために周りの大人にまず知っていただきたい。
専門家の話と不登校経験者の話を聴いてください。体験者の事例等を紹介します。
112不登校、引きこもりなど対応のあり方 
★周りの見守り・支えが必要です
教職員・保護者,地域住民等 (公社)京都精神保健福祉推進家族会連合会
113こころの健康・みんな元気
~当事者の体験談~
教職員・保護者,地域住民等 (公社)京都精神保健福祉推進家族会連合会
114聞こえにくいということ教職員・保護者,地域住民等 NPO京都市中途失聴・難聴者協会老人性難聴等,軽度の難聴から,言葉として聞き取れない重度の難聴者の実態を学び,適切な対応方法を知ります。
115「筋ジストロフィーと出会って」
~親の立場の体験談~
児童,生徒,教職員・保護者等駐車スペースの確保
(内容によって台数が決まりますので,調整段階でお伝えします。)
(一社)日本筋ジストロフィー協会 京都支部筋ジストロフィー患者やその家族が地域であたりまえに暮らせるようになることを目指して,筋ジストロフィー患者の子の子育ての体験談(苦労や喜び等)を親等が語ります。当事者の声に耳を傾けることにより,他者への配慮や想像力を養い,より良い社会に向けた考察を深めます。
116自閉症をはじめとする発達障害ってなんだろう?教職員・保護者等 京都府自閉症協会発達障害ってなんだろう?自閉症スペクトラムの特徴・特性について,また,AD/HDやLDの特徴についてなど,分かりやすくお話しします。
117脳性マヒってどんな障害?
~重い障害のある方々とのコミュニケーション~
児童,生徒,教職員・保護者等 (公社)京都市身体障害児者父母の会連合会重い障害により自分の力で動いたり,手話や話をすることも困難という方々とどのようにコミュニケーションを取り,どのように支援していくのかを学んで頂きます。普段の生活においても役立つノンバーバルコミュニケーション(非言語的コミュニケーション)の学習が中心です。
 その他のテーマ   

(3)障害者福祉施設の見学・交流学習

  学校の授業や課外活動で,授産所等の障害者福祉施設の見学等をすることができます。学校へ出張して行う「卓球バレ 

  -」もあります。

障害者福祉施設の見学・交流学習 事業リスト(平成29年度)
    テーマ対象者配慮していただきたいこと実施施設                                                   テーマの内容
201障害者授産所と身体障害者福祉会館の見学児童・生徒利用施設であるため,グループ分けや見学時に気を付けていただきたいこと等,事前に打合せをさせていただきます。
京都市洛南障害者授産所        京都市山科障害者授産所         京都市みぶ障害者授産所
障害者授産所は,働く意欲がありながら,雇用されることの困難な障害のある方に,必要な訓練や就労の機会を提供し,社会的自立の促進と社会経済活動への参加を支援する施設です。身体障害者福祉会館は,身体障害者に関する相談に応じ,身体障害者の方に対して機能訓練,教養の向上,社会との交流の促進,レクリエーション等を提供する施設です。本プログラムでは,1.パンフレットに沿って施設の紹介と障害者の理解についてのお話 2.グループに分かれて授産所と福祉会館の見学 3.児童・生徒,施設職員で質疑応答 を予定しています。施設見学では,設備や道具の工夫等,合理的配慮の着眼点も説明します。
202障害者授産所と障害者デイサービスセンターの見学児童・生徒利用施設であるため、受入可能人数、グループ分けや見学時に気を付けていただきたいこと等、事前に打合せをさせていただきます。京都市伏見障害者授産所障害者授産所は,働く意欲がありながら,雇用されることの困難な障害のある方に,必要な訓練や就労の機会を提供し,社会的自立の促進と社会経済活動への参加を支援する施設です。障害者デイサービスセンターは,地域に住む身体に障害のある人たちが楽しく,いきいきと過ごせるよう通所を通じて日中の活動や生活を支援する施設です。本プログラムでは,1.全体説明 2.グループに分かれて授産所とデイサービスセンターの見学 3.児童・生徒,施設職員で質疑応答 を予定しています。合理的配慮のもと工夫された設備・道具・環境のなかで,利用者がいきいきと働いている姿・活動している姿を見て,障がいへの理解を深めます。
203視覚障害者生活介護施設と作業所の見学児童・生徒1回の施設見学の受け入れは20名までです。


障害者支援施設洛西寮
視覚障害者生活介護施設は,視覚障害者の方に日中活動として,生産活動,生活支援,健康管理,相談支援,外出支援,食事支援,余暇活動等,生活の質の向上を図るために必要なサービスを提供している施設です。作業所は,視覚障害者の方が工賃を受けながら生産活動をしたり,バザー販売,販売実習へ参加する等の社会参加を支援する施設です。本プログラムでは,1.視覚障害者についてのお話 2.生活介護施設「ちくりん」と就労継続支援B型「らくさい作業所」の見学 3.児童・生徒,施設職員で質疑応答 を予定しています。
204身体障害者生活介護施設とデイサービスセンターの見学児童・生徒生活施設であるため,居住空間の見学は行いません。


京都市洛西ふれあいの里療護園
身体障害者生活介護施設は,日常生活に介護を必要とする身体障害の方が主体的に生活していけるように,必要な支援を受けながら生活をしている施設です。デイサービスセンターは,身体障害者の方が丁寧で安全な介護のもと,一人一人のニーズに応じた個別プログラムと集団での活動からなる日中活動を行うことを支援する施設です。本プログラムでは,1.洛西ふれあいの里療護園とデイサービスセンターの概要説明 2.グループに分かれ,車いす体験,理学療法士によるリハビリ体験,デイサービスセンター利用者との対戦による卓球バレー体験 を予定しています。
205卓球バレーを通じた障害の理解と交流      (学校に施設利用者と職員が施設の車で出張)児童・生徒卓球台は学校の備品を使用,機材は施設のものを持込みます。

京都市洛南障害者授産所         ※市内全域に出張可
障害者授産所は,働く意欲がありながら,雇用されることの困難な障害のある方に,必要な訓練や就労の機会を提供し,社会的自立の促進と社会経済活動への参加を支援する施設です。本プログラムでは,授産所の利用者がサークル活動として行っている「卓球バレー」について,1.ルールと障害への配慮について説明 2.利用者チームとの対戦または児童・生徒と利用者の混成チームでの対戦等を予定しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション