スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【現在、補助事業は休止中です】 みやこユニバーサル上映補助金

ページ番号54840

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年4月1日

みやこユニバーサル上映補助金

 ※令和4年度から5年度まで,補助事業を休止しています。

 「ユニバーサル上映」をしようとする団体又は個人に対し,当該上映に要する経費の一部を交付することにより,障害の有無や年齢に関わらず,できるだけ多くの人が映画鑑賞を楽しむ機会を増やすとともに,ユニバーサルデザインに対する市民の理解を促進することを目的とし,「みやこユニバーサル上映補助金」を創設しています。

(1)補助の対象となる上映方法

 次の要件をすべて満たすものとします。ただし,特別な事由があると認められる場合は,すべての要件を満たさなくとも補助対象となることがあります。

  ア 日本語字幕及び副音声を付与した上映であること。

  イ 京都市内における上映であること。

  ウ 広く一般に公開された上映であること。

  エ 上映会場全体に副音声が流れる上映であること。

(2)補助の対象となる方

 映画のユニバーサル上映を主催する団体又は個人とします。

 ただし,次に該当する方が主催する場合は除きます。

  • 国及び地方公共団体
  • 国及び地方公共団体からユニバーサルデザインの推進を含む事業の委託又は補助を受ける方
  • 映画の興行を主たる業務とする方

(3)ユニバーサルデザインの普及推進(啓発フィルムの上映)

 映画の上映前に,本市が制作したユニバーサル上映啓発フィルム(約80秒)の上映等,映画鑑賞者に対してユニバーサルデザインに関する普及活動を行っていただきます。

(4)補助金額

 上映事業の実施に要する経費のうち,補助の対象となる経費(補助対象経費)について,次のとおり補助金を交付します。

補助対象経費

  • 作品使用料
  • 上映費(映写機材使用料,会場使用料など)
  • 上映技術料
  • 字幕及び副音声付与等にかかる経費
  • その他市長が適当と認める経費

補助率・補助限度額

 次に掲げる額のうち最も低い額(千円未満切捨)

  • 補助対象経費の2分の1
  • 15万円
  • 上映事業を実施するために必要な経費(上映経費)から入場料収入及びその他の収入を差し引いた額

(5)字幕,副音声付与方法

 次のいずれかの方法により付与します。

  • ボランティア団体等が上映会場においてライブで付与(字幕・副音声原稿は予め作成)
  • 上映作品に予め字幕・副音声が付与されているものを利用

(6)申請手続き

 上映日の30日前までに補助金申請書等の書類の提出が必要となります。

※その他詳細については,「みやこユニバーサル上映補助金交付要領」をご覧ください。

※申請書類は,下記からダウンロードできます。

みやこユニバーサル上映補助金交付要領(PDF版)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請書等(PDF版)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請書等(ワード・エクセル版)

関連コンテンツ

ユニバーサル上映(補助金交付制度及び上映情報)

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション