スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市放課後等デイサービス支援事業実施要綱

ページ番号259786

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年7月8日

京都市放課後等デイサービス支援事業実施要綱

 

(趣旨)

第1条 この要綱は,放課後等デイサービスの支援の質の向上を目的とする京都市放課後等デイサービス支援事業(本市内に所在する指定放課後等デイサービス事業所(以下「事業所」という。)を対象に,児童への支援技術及び個別支援計画に基づく支援等について,助言,指導等を行う事業をいう。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

 

(実施主体)

第2条 事業は,京都市が実施する。ただし,事業の全部又は一部を障害児(者)に関する事業を実施する社会福祉法人等に委託することができる。

 

(事業内容)

第3条 事業内容は,次のとおりとする。

⑴ 訪問事業

本市に所在する事業所を訪問し,児童への支援技術及び個別支援計画に基づいた支援について助言及び指導を行う。

⑵ 研修事業

事業所のニーズや運営状況等を踏まえ,必要と考えられる研修を企画・実施する。

2 前項に掲げる事業を効果的かつ効率的に推進するため,定期的に関係者の連絡会議を開催する。

 

(秘密の保持)

第4条 第2条ただし書の規定により事業の委託を受ける者(以下「事業受託者」という。)は,その職務の遂行に当たり,障害児及びその家族のプライバシーに十分配慮するとともに,その業務上知り得た障害児及びその家族の秘密保持について,特に留意しなければならない。

 

(関係機関等との連携)

第5条 事業受託者は,事業の実施について,児童福祉センター,関係施設等と連携した支援が円滑かつ効果的に行われるように努めるものとする。

 

(費用)

第6条 本事業に基づく助言,指導等に係る費用は無料とする。ただし,指導等に当たり,材料費等が必要な場合には,事業受託者は,対象の事業所に対し,費用の使途等を明らかにしたうえで,実費を徴収できるものとする。

 

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか,事業の実施に必要な事項は子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部長が定める。

 

附 則

この要綱は,決定の日から施行する。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部子ども家庭支援課

電話:075-746-7625

ファックス:075-251-1133

フッターナビゲーション