スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

eLTAXからの宿泊税の電子申告・電子納付について

ページ番号314820

2023年12月20日

eLTAXからの宿泊税の電子申告・電子納付について

eLTAX(エルタックス)とは、「地方税共同機構」が開発・運営する地方税の手続きを、インターネットを利用して電子的に行うシステムです。令和5年10月16日から、eLTAXからの電子申告・電子納付が利用できます。

詳しくは、電子申告についての「PCdesk Next 特設ページ」外部サイトへリンクしますをご覧ください。利用に関してご不明な点は、eLTAXホームページの「よくあるご質問」外部サイトへリンクしますをご覧ください。

・eLTAX利用時間:8時30分から24時まで(土日祝日、年末年始12月29日から1月3日は除く。)

※1月などの繁忙期や休日運用日については、「eLTAXホームページ」外部サイトへリンクしますをご覧ください。


【重要】eLTAXから納入申告書を作成する場合は、下記画像のとおり指定番号を入力いただきますようお願いいたします。


※「証票番号(事業者番号)」の欄に、指定番号を必ず入力してください。
※「施設番号(宿泊施設番号、指定番号)」の欄にも指定番号を入力してください。

PCdeskNextの提出先情報から「納税義務者又は特別徴収義務者番号」の箇所に施設の指定番号を登録しておくと、申告作成時に自動入力されます。

詳しくは「PCdesk Next 特設ページ」外部サイトへリンクしますに掲載されている PCdesk Next ガイド【申告等】「4 申告書等の作成に必要な情報を事前登録する」 をご覧ください。


・eLTAXでは、本人確認のため、マイナンバーカードや法人の商業登記電子証明書等などの電子証明書が必要です。マイナンバーカードを使用するためには、別途ICカードリーダが必要になります。


・納入申告書以外の申告についてeLTAXでの手続き名が京都市の様式名と異なります。

納入申告書以外の手続き名

要件

eLTAXでの手続き名

京都市の様式名

宿泊施設の経営を開始する場合

(そのほか、変更、休止、再開、廃止など)

特別徴収義務者登録申請書

宿泊税に係る旅館業・

住宅宿泊事業経営申告書

海外に居住されている方が、納税管理人の

届出をする場合(必須)

納税管理人申告(申請)書

宿泊税納税管理人申告書・承認申請書

3箇月分を取りまとめた申告納入期限の特例を希望される場合

申告納期限の特例適用者指定申請書

宿泊税の納入申告書の提出期限の特例に関する申請書


・電子納付については、PCdeskからダイレクト納付、インターネットバンキング、ATM、クレジットカードによる納入が可能です。


  • 電子申告のページ(京都府・市町村共同電子申請システム:京都市トップページ)外部サイトへリンクします

    ●宿泊税の電子申告のみは、引き続きこちらのページから行うことができます。(※こちらから納入はできません。) ●操作方法は「電子申告の手引」を御参照ください。 ●当面の間はこちらからの電子申告を受け付けますが、eLTAXの開始に伴い、将来的には利用停止する予定ですので、順次、eLTAXへの移行をお願いいたします。

お問い合わせ先

行財政局 税務部 税制課 (宿泊税担当)075-708-5016

フッターナビゲーション