スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

第2回京都文学賞(令和2年度)

ページ番号268705

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年4月17日

第2回京都文学賞(令和2年度)

 京都市では,文学の更なる振興や「文化都市・京都」の発信等に寄与するため,昨年度,京都文学賞実行委員会を立ち上げ,「京都文学賞」を創設しました。

 第2回となる今年度は,5月1日から作品募集を開始し,9月14日に募集を締め切りました。(応募数:331作品)

 今後,書評家等による一次選考,読者選考委員による二次選考,最終選考委員による最終選考会を実施し,3月に受賞作を発表予定です。

 ⇒専用サイトはこちらから!外部サイトへリンクします 

これまでの経過

募集について

応募件数について

作品の応募件数

部門

応募件数

備考

一般部門

283件

中高生部門

42件

中学生30,高校生12

海外部門

6件

(国籍)中国2,アメリカ1,ウクライナ1,ハンガリー1,モンゴル1

合  計

331件

最終選考委員からのコメント

いしい しんじ(作家)


2年目をむかえる今年も、多数の応募作=候補作が届きました。
去年から想像できないほど様変わりした暮らしのなか、
いまだからこそ、想像をこえた京都の物語がうまれうるはず。
そのようにしか語り得ない、
必死、切実、正真の文学との出会いを心待ちにしています。

原田 マハ(作家)


京都へ旅をして、京都をこよなく愛する人は、日本のみならず世界中に存在しています。京都文学賞の応募者には、京都に思いをはせ、また訪れたいと願う人々に、京都を「物語」というかたちにして届けて欲しいと思います。「物語」としての京都を、私も一読者として存分に楽しむつもりです。

読者選考委員の選考結果について

 全国から48名の応募(市内19名,市外29名)があり,応募内容(課題作品(柴崎友香作『きょうのできごと』)の感想,応募理由など)を基に,実行委員会事務局において選考を行い,10名を選定(市内2名,市外8名)しました。

 第1回から再任の30名と合わせ,合計40名(市内15名、市外25名)の読者選考委員に二次選考を行っていただきます。応募者には,順次選考結果を通知します。

一次選考通過作品

二次選考通過作品

一次選考通過作品の寸評(二次選考通過作品を除く。)

寸評

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

今後のスケジュールについて

2月頃 最終選考会(読者選考委員 数名)

3月頃 結果発表,表彰式・交流会(予定)

主催

京都文学賞実行委員会(京都市,京都新聞,一般社団法人京都出版文化協会 等)

協力

京都府書店商業組合,文化庁地域文化創生本部,KADOKAWA,河出書房新社,幻冬舎,講談社,集英社,新潮社,PHP研究所,文藝春秋

後援

京都市教育委員会,大学コンソーシアム京都

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション