スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

柳原銀行記念資料館 企画展の開催について

ページ番号178437

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年2月17日

柳原銀行記念資料館 企画展の開催について

 この度,京都市人権資料展示施設「柳原銀行記念資料館」では,企画展「営々たる崇仁のまちづくり3~京都駅東かくあるべし,エリアマネジメント~」を以下のとおり開催しますので,お知らせします。

1 開催趣旨

 下京区崇仁地域では,本市が平成26年1月に京都市立芸術大学(以下「芸術大学」という。)の同地域への移転整備方針を発表したことを受け,「文化芸術都市・京都」の新たなシンボルゾーンとしての京都駅東地域の創生に向けて,現在,住民が主体となった新たなまちづくりが進められようとしています。

 そこで,今回の企画展では,一昨年度の企画展,昨年度の特別展に引き続き,「営々たる崇仁のまちづくり3」と題して,時代を約100年遡り,七条大橋の建設や塩小路通の開通が京都の近代化や崇仁及びその周辺の地域の活性化に果たしてきた役割を検証することを通して,今まさに始まろうとしている,芸術大学を核とした,多文化共生,国際交流のまちづくりの進め方について考えます。

2 開催期間及び会場

(1)企画展示

  ア 期間  3月4日(水曜日)~3月29日(日曜日)

         休館日:月曜日,火曜日,祝日

         (※ 2月27日(金曜日)~3月1日(日曜日),4月1日(水曜日),2日(木曜日)は,

           展示替えのため臨時休館します。)

  イ 開館  午前10時~午後4時30分

  ウ 会場  柳原銀行記念資料館(京都市下京区下之町6番地の3)

  エ 入場料 無料

(2)関連イベント

  ア 日時  3月14日(土曜日)午後5時30分開演(午後5時開場)

  イ 会場  下京いきいき市民活動センター3階集会室

  ウ 内容  記念シンポジウム「七条界隈(かいわい)の歴史と文化」

          「地域ブランドについて」

           山内  政夫(NPO法人崇仁まちづくりの会理事)

          「七条大橋物語」

           中村 伸之(立命館大学非常勤講師,京都景観フォーラム理事)

  エ 定員   60人(申込不要,先着順)

  オ 入場料  無料

   ※ 柳原銀行記念資料館及び下京いきいき市民活動センターには駐車場はありませんので,

     御来場の際は公共交通機関を御利用ください。

3 主催

  京都市,NPO法人崇仁まちづくりの会

4 協力

  NPO法人京都景観フォーラム

柳原銀行記念資料館 企画展の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局共生社会推進室人権文化推進担当

〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル8階

電話:075-366-0322

ファックス:075-366-0139

フッターナビゲーション