スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

ツラッティ千本2013年度企画展の開催について

ページ番号156278

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年9月19日

ツラッティ千本2013年度企画展の開催について

平成25年9月19日

文化市民局(市民生活部人権文化推進課 電話366-0322)

 京都市では,ツラッティ千本において,「性同一性障害(GID)-そして多様な性の在り方を巡って-」をテーマに企画展を開催しますので,お知らせします。

1 趣旨・目的

  

「性同一性障害(GID/Gender Identity Disorder)」という言葉は,様々な分野で活躍する当事者が増えたことにより,最近ようやく知られるようになりました。しかし,「心の性と身体の性の不一致」という事実が,どれほど深い意味を持つものであるか,十分に理解されているとは言い難い現状があります。
 そこで,ある当事者の暮らしぶりなどを通して,広く市民の皆様に性同一性障害(GID)について,より深く理解していただくとともに,性的少数者の抱える人権課題と,社会における多様な性の在り方について考えていただくため,今回の企画展を開催します。

 

 

2 開催期間

  平成25年10月8日(火曜)~11月9日(土曜)

    ※ 開催期間中は,日曜・祝日も開館します。

 

3 開催場所

  京都市人権資料展示施設 ツラッティ千本(京都市北区紫野花ノ坊町23番地)

 

4 入館料

  無料

 

5 関連企画(記念シンポジウム)

 (1) 日時

    10月12日(土曜)午後2時から(2時間程度)

 (2) 場所  

    佛教大学1号館313教室 

 (3) テーマ

    多様《性》こそ,すばらしい

 (4) 出席者

    報告         倉嶌麻理奈(中学校教師)

    パネラー      久本 絢愛(大学生)

               大束 貢生(佛教大学社会学部准教授)
   

    コーディネーター 堀家由妃代(佛教大学教育学部准教授)

 (5) 参加費

    無料 (先着200名)

  

6 主催

  京都市,NPO法人くらしネット21

7 後援

  佛教大学

8 問合せ先

  京都市文化市民局市民生活部人権文化推進課(電話366-0322,ファックス366-0139)

ツラッティ千本2013年度企画展の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局共生社会推進室人権文化推進担当

〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル8階

電話:075-366-0322

ファックス:075-366-0139

フッターナビゲーション