スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

フィクション文学賞 第5回「親鸞賞」授賞式に併せた記念シンポジウムの開催について

ページ番号47833

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2008年9月22日

フィクション文学賞 第5回「親鸞賞」授賞式に併せた記念シンポジウムの開催について

 

 財団法人本願寺維持財団では,日本の文化及び文学の振興,発展を目的として,平成12年に「親鸞賞」を創設し,今年で5回目の授賞式を今年12月9日に行うこととしています。

 この度,同授賞式の開催に併せて,文学,思想,哲学,芸術,宗教などの面から日本の精神文化・伝統文化を多角的に論じて,その興隆を期すとともに,混迷の世界情勢にこそ求められる我が国の文化,精神を京都から世界に伝えるため,「日本文化を拓く~京都から世界へ~」と題するシンポジウムを下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 

                            記

 

1 日程  平成20年12月9日 15時30分~

 

2 場所  東本願寺東山浄苑 嘉枝堂本堂(京都市山科区上花山旭山町8番地の1)

 

3 概要

(1) 基調講演  本願寺法主 大谷暢順(財団法人本願寺維持財団理事長)

(2) シンポジウム

   パネラー  加賀乙彦(作家)

           黒井千次(作家)

           瀬戸内寂聴(天台宗僧侶・作家)

          中西進(文学者)

          第5回親鸞賞受賞者

(3) 「京都・文化メッセージ」の宣言・発信

   我が国の文化,精神を表した「京都・文化のメッセージ」に門川大作京都市長,

  大谷財団理事長,パネラーが署名し,国内外(国連,EU等)に向けて発信する。

 

4 主催  財団法人本願寺維持財団

 

5 共催  京都市(担当:文化市民局文化芸術企画課)

 

6 参加申込

 往復ハガキに,郵便番号・住所・氏名・電話番号・人数(1枚4名まで)を記載のうえ,財団法人本願寺維持財団第5回親鸞賞係(〒607-8461 京都市山科区上花山旭山町8番地の1)まで。応募多数の場合は,抽選します。

 

7 その他

(1) 当日,臨時で市バス(有料)を運行する(計3本)。

  ア 発車 14時00分,14時20分,14時30分発

  イ 経路 烏丸七条 → 京阪五条 → 東本願寺東山浄苑

       ※上記以外は停まりません。

(2) 当事業の主催は財団法人本願寺維持財団で,当日は午後3時から第1部としてフィクション文学賞 第5回「親鸞賞」授賞式を実施していますが,京都市の共催事業は第2部の当シンポジウムのみです。

 

8 問い合わせ先

  財団法人本願寺維持財団 親鸞賞係

  住所:〒607-8461 京都市山科区上花山旭山町8番地の1

  電話番号:075-551-3335

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション