現在位置:

【平成28年度】京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業

ページ番号197117

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月23日

更新履歴

平成29年2月23日:製品一覧を更新

事業概要

京都市では,住宅の省エネ化の推進を目的に,リフォーム費用の一部を補助する「既存住宅の省エネリフォーム支援事業」に取り組んでいます。

※ 事前協議の受付に基づく実施率が80%を超えましたら,本ホームページでお知らせします。

対象者

京都市内の住宅(延べ面積の2分の1以上が住宅の用途に供する兼用住宅を含む。)の所有者又は居住者(予定を含む。)

※マンション管理組合が工事を実施する場合は,下記の申請先までご相談ください。

助成対象工事,補助金額

 1戸あたりの補助金額は,下表の対象工事欄に掲げる工事に応じ,同表補助金額欄に掲げる金額の合計額となります。

 なお,補助金額の上限は,同一申請者又は同一住宅につき50万円とし,上限に達するまでは,何度でも利用が可能です。

※詳細な補助要件及び補助額につきましては,補助要綱を御確認下さい。

本市の区域内に本店又は主たる事務所を置いている事業者(個人の事業者を含む。)による工事の実施が必要です。なお,下請負人が京都市内に本店又は主たる事務所を置く事業者である場合も対象となります。

 

【平成28年度からの変更点】

兼用住宅の場合,住宅の用途に供する箇所の工事のみ助成対象とします。

ただし,「断熱材設置」「屋根面の遮熱工事」「外壁面の遮熱工事」については,施工箇所に関わらず,助成対象とします。

対象工事及び補助金額一覧
 工事内容補助金額 

 1 窓の断熱化

(内窓設置,外窓交換,ガラス交換)

ア 内窓設置,外窓交換

 大(2.8㎡以上):18,000円/箇所

 中(1.6㎡以上2.8㎡未満):12,000円/箇所

 小(0.2㎡以上1.6㎡未満):7,000円/箇所

イ ガラス交換

 大(1.4㎡以上):7,000円/枚

 中(0.8㎡以上1.4㎡未満):4,000円/枚

 小(0.1㎡以上0.8㎡未満):2,000円/枚

 2 断熱材の設置

(外壁,屋根,天井,床)

 屋根と天井の併用は不可

ア 外壁

 土壁外断熱改修:200,000円/式

 上記以外の場合:100,000円/式

イ 屋根

 100,000円/式

ウ 天井

 30,000円/式

エ 床

 50,000円/式

  3 高断熱浴槽の設置

 20,000円/式(設置台数に関わらず,1住宅当たり20,000円)

  4 ドアの断熱改修

ア 玄関ドア(2.6㎡以上)

 30,000円/箇所

イ その他のドア

 15,000円/箇所

 5 内装断熱パネルの施工

(壁,床,天井)

施工面積16㎡以上:(各区分ごとに)50,000円/式

施工面積8㎡以上16㎡未満:(各区分ごとに)25,000円/式

  6 遮熱工事

ア 屋根面の遮熱工事(遮熱塗装等,遮熱鋼板) 

 施工面積50㎡以上:30,000円/式

 施工面積25㎡以上50㎡未満:15,000円/式

イ 外壁面の遮熱工事(遮熱塗装)

 施工面積50㎡以上:30,000円 /式

 施工面積25㎡以上50㎡未満:15,000円/式

ウ 庇の設置

 8,000円/箇所

エ 窓の遮熱フィルムの施工又は窓の遮熱塗装

 大(1.4㎡以上):2,000円/枚

 中(0.8㎡以上1.4㎡未満):1,000円/枚

 小(0.1㎡以上0.8㎡未満):500円/枚

  オプション工事 1~6のいずれかと同時に行う「内装の左官工事」:20,000円/式

別表(対象工事・補助金額一覧)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請期間

平成28年4月11日から平成29年3月28日(火曜日)まで

ただし,申請期間内であっても,予算の範囲を超える日をもって受付を終了します。

※上記期間内に工事を完了し,かつ補助金の交付申請を行ってください。

申請先

京(みやこ)安心すまいセンター

電話:075‐744‐1631耐震・エコ助成ホットライン

場所:烏丸御池東南角アーバネックス御池ビル西館4階

アクセス:京都市営地下鉄烏丸線,東西線「烏丸御池」駅「3-1」または「3-2」出口すぐ

開館時間:午前9時30分~午後5時(窓口申請は,午後4時30分までにお願いします。)

休館日:水曜日,祝日,年末年始


申請方法

1事前協議

補助事業の着手(工事契約・着工)までに,必ず申請窓口(京安心すまいセンター)に事前協議を行ってください。

事前協議の成立前に契約された工事は,補助対象になりませんので,御注意ください。

事前協議に必要となる書類
必要書類 備考
  1 事前協議書

様式1

  2 チェックリスト 様式2
  3 補助金額算出書

様式3

  4 補助対象工事に係る下請負人リスト

元請負人が市外事業者の場合のみ必要

作成方法は,こちらを参考にしてください。

  5 所有又は居住していることを証する書類

現に居住している方:住民票

現に居住していない方:登記簿謄本の写し

※いずれも,交付後3か月以内のものに限ります。

  6 工事の見積書

補助対象事業費が明確になるよう,内訳を記入してください。

  7 対象住宅の付近見取り図 住宅地図の写し等

 8 工事内容が分かる図面

 平面図等
  9  使用材料が工事要件の仕様・性能を備えることがわかる書類  使用する材料の省エネ性能が記載されたカタログの写し等
 10 工事前の写真

 対象住宅の全景及び補助対象箇所全ての工事前の写真

作成方法は,こちらを参考にしてください。

 11使用する材料の面積,使用量がわかる書類 

 使用する材料の面積や使用量を記入してください。参考様式(面積計算表)

こちら外部サイトへリンクしますのHPの2.既存住宅の省エネリフォーム助成制度についての(3)サンプル図面と面積計算表の箇所もご覧ください。

12誓約書

国で「住宅ストック循環支援事業」が開始されたため,追加しています。

誓約書の様式は,こちらです。

国の事業については,こちら外部サイトへリンクしますをご確認ください。

※ 事前に京都市が性能を確認済みの材料を使用する場合は,9の提出は不要です。

京都市が性能を確認済みの製品

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 住宅リフォーム関係のメーカー企業の皆様へ

 御社の製品で,上記一覧に掲載されていないかつ,本事業の助成対象となる省エネ性能がある製品をお持ちでしたら京都市住宅政策課まで御連絡ください。性能を確認し次第,一覧に掲載させていただきます。

2工事着手~工事完了

工事途中で,事前協議の内容から変更を行う場合又は中止する場合は,様式4又は様式5に記入の上,事前に京(みやこ)安心すまいセンターまでご相談ください。

3補助金の交付の申請・補助金の請求

補助金の交付申請・請求に必要となる書類
必要書類備考 
 1 補助金交付申請書   様式6
 2 交付申請額算出書  様式7
 3 補助金請求書  請求書(様式9)及び補助金振込先記入用紙(様式9(別紙)
 4 契約書等の写し  補助対象工事の契約書又は工事注文書・請書の写し
 5 領収書の写し  施工者が発行した領収書の写し

6 下請契約に係る契約書等の写し

元請負人が市外事業者の場合のみ提出が必要

 7 工事内容を証明する書類  工事施工者が発行した工事内容証明書(様式8)又は 納品書等(※)の写し

 ※納品先現場名及び納品日,納品した材料等の仕様,数量が明記されているものに限ります。

 8 工事の実施状況を示す写真

対象箇所全ての工事中,工事後(断熱材の設置工事等の隠蔽部は,施工中)の写真

作成方法は,こちらを参考にしてください。

申請手続における注意事項

・申請時における印鑑の持参について

事前協議書や補助金の交付申請書を窓口に提出される場合は,その場で訂正等ができるよう,申請者又は代理者の印鑑を御持参ください。

・交付申請の期限について

年度末には,申請が集中するため,窓口で長時間お待ちいただくことや,書類の不備がある場合等に,期限内に訂正が出来ず,補助を受けられなくなる場合がありますので,補助事業完了後は,速やかに交付申請を行ってください。

要綱・様式

要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請マニュアル(手引)

申請マニュアル(手引)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

チラシ類

リーフレット・チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局住宅室住宅政策課

電話:075-222-3666

ファックス:075-222-3526