現在位置:

ワールド・モニュメント財団における2012年版「ワールド・モニュメント・ウォッチ」への「京町家群」選定について

ページ番号108964

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2011年10月7日

お知らせ

平成23年10月6日

財団法人京都市景観・まちづくりセンター(担当 事業二課 電話354-8701)

(取次 都市計画局都市景観部景観政策課 電話222-3397)

ワールド・モニュメント財団における2012年版「ワールド・モニュメント・ウォッチ」への「京町家群」選定について

 世界の歴史的建造物などの文化遺産の保護・保存活動を行っているワールド・モニュメント財団(設立1965年,本部:ニューヨーク,理事長:ボニー・バーナム)が,2011年10月5日(ニューヨーク現地時間)に発表した2012年版「ワールド・モニュメント・ウォッチ」に,2010年版に引き続き,「京町家群」が選定され,広く世界に向け「京町家」の持つ文化的価値やその保全・再生の必要性が情報発信されることとなりましたので,お知らせします。

(参考)

【ワールド・モニュメント・ウォッチ】

 ワールド・モニュメント財団が1996年から隔年で,緊急的に修復・保存の手が求められる文化遺産を世界中から選び,リストとしてまとめ,広く世界に配信し,保護活動の必要性を訴えるというプログラム。

 

【ワールド・モニュメント財団 (World Monuments Fund: WMF)】

 1965年に米国ニューヨークで設立された非営利民間組織。国や文化の枠を超え,世界各地で政府などの公的組織及び民間のパートナーと協力し,世界中の歴史的建造物などの文化遺産を保護・保存するための研究や提言,資金援助,そして教育・啓蒙活動を行っている。

 本部を米国ニューヨークに置き,40年以上にわたる支援活動範囲は90カ国以上に及ぶ。

2012年版「ワールド・モニュメント・ウォッチ」の選定

 2010年版に引き続き,「京町家」の歴史的な重要性や暮らしの文化が評価され,2012年版「ワールド・モニュメント・ウォッチ」に「京町家群」が選定されました。

 対象 京都の伝統的木造都市住宅「京町家群」

 申請者 財団法人京都市景観・まちづくりセンター 理事長 三村浩史

これまでの経過

2010年版 ワールド・モニュメント・ウォッチ

平成20年11月

 ニューヨークにおいて実施した「京都創生海外発信プロジェクト」を契機として,ワールド・モニュメント財団と京都市等との連携が始まった。

平成21年3月

 京都の伝統的木造都市住宅「京町家群」について,小島冨佐江氏(NPO法人京町家再生研究会・事務局長)が申請者,財団法人京都市景観・まちづくりセンターが推薦者となり,申請を行った。

平成21年10月

 「京町家」の歴史的な重要性や暮らしの文化が評価され,その保全と再生に向けた取組を支援するために,「京町家群」が2010年版「ワールド・モニュメント・ウォッチ」へ選定された。

 この選定をきっかけに,京町家群に対する幅広い支援が世界に呼び掛けられた。

平成22年5月

 釜座町町家を改修し,京町家の保全・再生に向け活用する「京町家再生プロジェクト」に対しワールド・モニュメント財団から総額25万ドルの支援が実現した。

平成22年11月

 「京町家再生プロジェクト」の主要事業である釜座町町家の完成を記念し,写真等のパネル展示を行う完成報告会が行われた。

2012年版 ワールド・モニュメント・ウォッチ

平成23年3月

 財団法人京都市景観・まちづくりセンターが申請者,大谷孝彦氏(京町家再生研究会・理事長)が推薦者となり,2012年版「ワールド・モニュメント・ウォッチ」に再度「京町家群」を申請し,2010年版に引き続き選定された。

選定後の取組

京町家群に対する幅広い資金提供をワールド・モニュメント財団と連携し国内外に呼びかける。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461