現在位置:

御池通シンボルロード・アート作品の紹介について

ページ番号35168

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2007年11月12日

~アートとは~

 

 御池通を「市民の皆様に親しまれ,生活に潤いと安らぎを与える道路として,また,世界の人々を魅了する京都のメインストリートとして,新たなときめきとにぎわいの空間となるよう整備する」ために,御池通をシンボルロードと位置付け,「道路整備事業」,「アート空間創生事業」が完了し,現在,「良好な景観形成とにぎわいづくり」を大きな柱として整備を進めています。
 このシンボルロード整備事業の一つとして,再整備される御池通の道路空間に導入したもので,文化とにぎわいの空間づくりに寄与するものです。 

 

~どんな作品か~

 

 「庭としての御池通」をテーマとして,アート空間の創生を目指して,学識経験者等からなる「御池通パブリックアート懇談会」の助言をいただきながら,作品構想の選定を進め,平成12年3月に第1次作品として「宇宙の時間」を河原町御池交差点に設置しました。引き続き平成14年3月に,河原町交差点~木屋町交差点間に「アイランド・レイク(水の浮島)」を設置しました。

 

~作品の紹介~

 

第1次作品「宇宙の時間」の概要

 時計塔「ゴールドリング・煌(きらめき)」と「星の誕生」の2つの部分から構成され,「時」をテーマにダイナミックな星の誕生の映像や,刻々と変化する金環食の軌跡を通じて,宇宙規模の雄大な時間の流れに思いを馳せ,地球環境の大切さと,次世代への展望を語りかけてくれる作品です。

 

第1次作品 『宇宙の時間』

第1次作品 『宇宙の時間』

第2次作品「アイランドレイク(水の浮島)」の概要

 平安京の神泉苑に代表される庭園の池(御池)と,それに通じる道としての御池通にちなんで,「アイランド・レイク(水の浮島)」つまり「水の庭」をテーマとしています。
 東山の借景と,自然を表現する日本の庭づくりの技を用い,池=水,青色発光ダイオードの光=星,光の波=空気,モニュメント柱=水辺の植物,東山(借景)=土をそれぞれ自然物の象徴として,自然の循環体系を全体で表現している作品です。

 

第2次作品「アイランドレイク(水の浮島)」

撮影者   畠山 崇 氏(第2次作品 昼)

第2次作品「アイランドレイク(水の浮島)」(夜)

第2次作品 夜(撮影者 畠山 崇 氏)

ご注意
 噴水は,昼間(季節によって変動しますが,おおむね8時30分頃~19時頃)に運転しますが,風の強い日は一時休止します。
 夜間(日没頃~朝6時頃)は,青色発光ダイオードが点灯します。
 作品は,芸術作品です。作品の東西端に設置している憩いの広場等でご鑑賞ください。
 作品の池には入らないでください。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局総合政策室政策総務担当

電話:075-222-3033

ファックス:075-212-2902