現在位置:

消火器の不適切な点検や販売に注意!

ページ番号151485

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月28日

消火器の不適切な点検や販売に注意!

 最近市内で,一般家庭や消火器を設置をする義務がない事業所を業者が訪問し,強引に消火器の点検や販売契約を結ぶトラブルが発生しています!

 その他にも,設置されている消防用設備等について,点検を行う契約を結びながら,実際には点検を実施しない事例も発生しています。

一般的な悪質訪問販売等の手口

 「設置されている消火器は,古くて爆発する恐れがある。」などと言って,不安をあおり,新たな消火器を販売し,高額な契約をさせる。

 「消防署から,消火器の販売に来た。」「消防署から依頼を受けて,消火器の販売に回っている。」などと言って,信用させる。

悪質な訪問販売等の防止策

1 消防署や区役所などの公的な機関が,消火器を訪問販売することは,絶対にありません。

2 消防署や区役所などの公的な機関が,消火器の販売を事業者に依頼することもありません。

3 契約する前に,書面に記載されている内容の確認をしてください。

4 疑わしい場合は,すぐに契約せずに家族等と相談をしてください。

5 契約内容が実行されたことを,必ず確認してください。

※ 訪問販売で消火器等を購入された場合は,クーリング・オフの対象となりますので,期間内(契約日から8日以内)であれば解約することができます。

悪質訪問販売等に関する御相談は

京都市消費生活総合センター 075-256-1110

京都府消費生活安全センター 075-671-0004

高齢者消費生活ホットライン 075-671-0144

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局予防部指導課

電話:075-212-6682

ファックス:075-252-2076