京の山杣人(そまびと)工房事業 について

ページ番号99721

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年3月11日

京の山杣人工房事業とは

 京都市では,貴重な森林資源を有効に生かしたまちづくりを推進するとともに,地域林業や木材関連業界の活性化を図るため,市内の民間店舗や施設を活用し,京都市地域産材を使用したリフォームモデル施設「京の山杣人工房(森の窓口)」を各行政区に1 箇所ずつ設置しています。

 本施設を拠点にして,林業家や建築家も加わった市民グループの育成や,市民による様々な森林ワークショップ等の開催,京都市地域産材を利用したリフォームの普及啓発を行っています。

 

モデル工房位置図

拡大したモデル工房位置図はこちらからダウンロードしてください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

事業紹介パンフレットはこちらからダウンロードしてください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

産業観光局 農林振興室