現在位置:

「京都市廃棄物の減量及び適正処理等に関する規則」の改正について

ページ番号192502

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年1月7日

「京都市廃棄物の減量及び適正処理等に関する規則」の改正について

 ごみ半減をめざす「しまつのこころ条例」では,市民及び事業者のみなさまによる2Rと分別・リサイクルの取組について具体的に定めるとともに,その進捗状況を把握するため,関係事業者の方々から毎年1回,前年度の取組実績と当年度の取組計画を記載した報告書を市長に提出していただく「事業者報告制度」を設けています。

 ※ 2R(に・あーる)…ごみになるものを作らない・買わない「リデュース」と,繰り返し使う「リユース」 

 この度,事業者報告制度の具体的な内容と運用について,対象となる事業者の要件や報告様式等を定めるため,「京都市廃棄物の減量及び適正処理等に関する規則」を改正しましたので,お知らせします。

「京都市廃棄物の減量及び適正処理等に関する規則」の改正

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。