離婚届(協議離婚)

ページ番号145224

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月21日

 届出の日から効力が発生します。

届出に必要なもの

  • 離婚届

     ※ 証人として,成人2名の署名,押印が必要です。

  • 届出人の印鑑

     ※ 夫と妻の印鑑は別のものが必要です。

  • 届出地が本籍地と異なる場合,戸籍謄本

     ※ 京都市内で届出される場合,京都市内に本籍地がある方の戸籍謄本は必要ありません。

  • 婚姻により姓が変わった方が婚姻前の戸籍に戻る場合は,婚姻前の戸籍謄本
  • 窓口に来られる方の本人確認書類(運転免許証,パスポート等)

届出人

 夫と妻

届出場所

 本籍地又は所在地の市区町村役場
 (京都市の場合,区役所・支所市民窓口課及び出張所。市役所では受付できません。)
 ※ 所在地とは,住所地に限らず一時的な滞在地を含みます。

未成年の子どもがいる場合

 未成年の子どもがいる場合に,父母が離婚をするときは,面会交流や養育費の分担など,子どもの監護に必要な事項について父母の協議で決めることとされています。この場合には,子どもの利益を最も優先して考えなければならないこととされています。

 離婚届書には面会交流と養育費の分担について,取決めをしているかどうかについてチェックする欄がありますので,いずれかにチェックして提出してください。

 ※子どもの健やかな成長のためには「面会交流」や「養育費の分担」についてあらかじめ取り決めておくことが重要です。取り決め方やその実現方法などについて以下のホームページを参考にしてください。

   ・子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A(法務省)外部サイトへリンクします

   ・養育費相談支援センター外部サイトへリンクします

   ・京都市ひとり親家庭支援センター ゆめあす外部サイトへリンクします

 ※離婚後の子どもの養育などのひとり親家庭支援についてはこちらをご覧ください。

お問合せ先

 

※ 届出の受付は,各区役所・支所市民窓口課,出張所でのみ可能ですので御注意ください(京都市役所では受付できません)。

 その他,必要書類等の詳細については,届出先の各区役所・支所市民窓口課,出張所へお問合せください。

 

このホームページに関するお問い合わせ

京都市役所文化市民局地域自治推進室市民窓口企画担当

電話:075-222-3085  

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。