スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市すまいの事業者選定支援制度

ページ番号306700

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年12月26日

京都市すまいの事業者選定支援制度について

 京都市では、次のまちの担い手となる若い世代の居住を進め、持続可能な都市の構築に取り組んでいます。特に、若者・子育て世帯の移住・定住を促進するに当たり、ニーズにあった住宅を供給することが重要であり、既存住宅(いわゆる中古住宅)の更なる利活用や流通の促進、住宅ストックの良質化等を促進する必要があります。

 既存住宅を購入・賃貸する場合や、すまいに対しての維持管理やリノベーションなどに関する困りごとがある場合に、既存住宅のすまい探しやリフォームなどに詳しい、地域に根差した安心できる事業者である、京都市すまいの事業者選定支援制度登録事業者(安(あん)すまパートナー)の情報を検索・絞り込みができる選定支援システムを構築しました。

 選定支援システムには、安すまパートナーの特色や実績等の情報を明示し、利用者自身が自ら検索できるとともに、検索だけでは不安を感じる方や、インターネットが利用できない方に対しては電話や窓口による相談に応じ、事業者の選定を支援します。

安すまパートナー選定支援システム

https://sentei.miyakoanshinsumai.com/外部サイトへリンクします

  • 安すまパートナー選定支援システム

事業概要チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

事務局

京(みやこ)安心すまいセンター(京都市住宅供給公社)

電 話:075-744-1670(午前9時30分から午後5時まで)

〒600-8127 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1

(河原町五条下る東側)「ひと・まち交流館 京都」地下1階

休館日:水曜・祝日・第3火曜日及び年末年始

ホームページ:http://www.kyoto-jkosha.or.jp/sumai/外部サイトへリンクします

選定支援システムの主な特徴

安心できる事業者を掲載

 登録事業者は、本市に事業所があり、耐震化や省エネ化、空き家活用等の本市施策と関わりがある「公益的な観点」や既存住宅に関する「実績的な観点」を有するとともに、本市の講習会を受講することにより、既存住宅を購入したり、借りる際、修繕する際の課題にきちんと対応できる事業者であり、安心して利用できます。

既存住宅に関する要望や悩みに対応

 「既存住宅を探したい」「リフォームの費用がいくらか知りたい」「耐震性など既存住宅の安全性を確認したい」などの既存住宅に関する要望や悩みに対応できる項目を充実しており、より自分のニーズにあった事業者を選定できます。

既存住宅の事例を紹介

 リフォーム事例などを写真付きで掲載しており、より既存住宅の購入や住み替えをイメージすることができます。

京都市すまいの事業者選定支援制度登録事業者(通称「安すまパートナー」)の概要

登録事業者の業種

不動産事業者、建築士事務所、工務店又は瓦・板金事業者

主な登録要件

・「公益性」及び「実績等」の要件を満たすこと。
 ※詳細は「京都市すまいの事業者選定支援制度実施要綱」参照

・本市の区域内に事業所を設置していること。

・市長の指定する講習会を受講していること。

ロゴマークについて

制度の取組を知っていただくきっかけにするために作成しました。



【デザインの意図】
・利用者と事業者(安すまパートナー)とが、家を支えるイメージ
・安心なイメージを持たすため、『ピンク×グリーン』で構成
 ピンク:優しさ・親しみやすさ
 グリーン:安心・穏やか
・安すまパートナーの役割を示すため、上部に『「京都市に住むっ」を応援!』を記載

使用される場合は、ガイドラインに沿ってご利用ください。

要綱等

京都市すまいの事業者選定支援制度審査会設置運営要領

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局住宅室住宅政策課

電話:(代表)075-222-3666、(空き家対策担当)075-222-3667

ファックス:075-222-3526

フッターナビゲーション