スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市歴史的風致維持向上計画(2期)に関する市民意見及び年中行事等の写真並びに継承方法の提案募集について【結果の公表】

ページ番号276124

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年1月8日

京都市歴史的風致維持向上計画(2期)に関する市民意見及び年中行事等の写真並びに継承方法の提案募集について

 京都市では,平成21年11月に「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」(以下「歴史まちづくり法」という。)に基づく「京都市歴史的風致維持向上計画(1期)」を策定し,歴史文化を活かしたまちづくりを進めてきました。

この度,令和2年度末で現計画の認定期間が終了することから,引き続き,本市の歴史的風致の維持及び向上を図るため,「京都市歴史的風致維持向上計画(2期)素案」を別添冊子のとおり取りまとめましたので,市民の皆様から御意見を募集します。

また,本市の歴史的風致を構成する「歴史及び伝統を反映した人々の活動」の代表例でもある祭りや年中行事が,コロナ禍において相次いで中止となり,継承が困難となっています。そこで,市民の皆様のお気に入りの祭りや年中行事の写真をはじめ,ウィズコロナ・ポストコロナの社会における祭りや年中行事の維持・継承方法について御提案を募集しますのでお知らせします。

 

1 市民意見募集・提案募集について

  (1) 募集期間

  令和2年10月27日(火曜日)から11月25日(水曜日)まで(必着)

  (2) 募集内容

  ア 「京都市歴史的風致維持向上計画(2期)素案」に対する御意見

  イ お気に入りの祭りや年中行事の写真

  ウ ウィズコロナ・ポストコロナの社会における祭りや年中行事の維持・継承方法についての御提案

 

【参考】歴史的風致維持向上計画とは

 歴史まちづくり法は,平成16年に制定された「景観法」が,主に規制により景観形成を図っていくための法律であるのに対し,市町村が行う様々な取組を支援するため,国土交通省,農林水産省,文化庁の三省共管で制定された法律です。

 法律に基づく「歴史的風致維持向上計画」を作成し,国の認定を受けることで,歴史的な建造物の修理・修景や無電柱化など,計画に基づく各種事業に国からの支援を受けることができる仕組みとなっています(認定期間は概ね10年間)。

 本市では,平成21年11月に「京都市歴史的風致維持向上計画(1期)」を策定,国からの認定を受け,歴史文化を活かしたまちづくりを進めてまいりました。

意見募集に関する資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

募集結果に関する資料

参考

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

重点区域の範囲(案)と構成案について(令和3年2月9日更新)

 市民意見募集時に,2期計画における重点区域のイメージをお示ししていましたが,この度,より詳細な重点区域の範囲(案)及び,「京都市歴史的風致維持向上計画(2期)」掲載の歴史的風致の構成案を作成しましたので,改めてお示しします。

 なお,今後,国への認定手続きの過程で,変更が生じる場合がありますのであらかじめ御了承ください。

重点区域の範囲(案)と構成案に関する資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397、(2)075-222-3474 【受付時間】午前8時45分~11時30分、午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-213-0461

フッターナビゲーション