スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京町家に対する改修補助金,維持修繕補助金について

ページ番号244132

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年5月12日

「指定京町家 改修補助金」及び「個別指定京町家 維持修繕補助金」について

 京都市では,京都の町並み,歴史・文化の象徴である京町家の保全・継承を様々な方々との協働のもとに推進していくことを目指し,平成29年11月16日に「京都市京町家の保全及び継承に関する条例」(以下「京町家条例」という。)を制定しました。

 本条例においては,趣のある町並み又は個性豊かで洗練された生活文化の保全及び継承を効果的に進めるため,個別の建物や区域を市が指定することとしており,「指定された地区内の京町家」や「個別に指定された京町家」を対象に,京町家の保全・継承に必要となる大規模改修工事や維持修繕にかかる費用の一部を補助を行っております。

 ※ 制度の概要については,下のご案内リーフレットも合わせて御覧ください。

ご案内リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

1 指定京町家 改修補助金

 京町家条例に基づき「指定された地区内の京町家」や「個別に指定された京町家」を対象に,京町家の保全・継承に必要となる修理・修景工事,設備改修工事等にかかる費用の一部を補助します。(「指定された地区」や「個別に指定された京町家」はこちら

指定京町家 改修補助金
 対象建築物

京町家条例に基づく

指定地区内の京町家 

京町家条例に基づく

個別指定の京町家 

対象工事

1 外部改修工事※1

2 設備改修工事

1 外部改修工事※1

2 設備改修工事

3 内部改修工事※2

 補助金額

補助対象費用の1/2

上限額100万円

補助対象費用の1/2

上限額250万円※3

  ※1 道路その他の公共の場所から見える部分の改修工事に限ります。

  ※2 内部改修工事に補助を受ける場合,地域交流拠点等の公的な利用又は建物内部の状況等について写真等の

     公開をすることが必要です。

  ※3 内部改修工事に要する費用は上限60万円とします。

2 個別指定京町家 維持修繕補助金

 京町家条例に基づき「個別に指定された京町家」を対象に,日常的な維持修繕にかかる費用の一部を補助します。(「個別に指定された京町家」はこちら

個別指定京町家 維持修繕補助金

対象建築物

京町家条例に基づく個別指定の京町家

対象工事※1

屋根※2

(通り庇を含む)

外壁※2

(高塀を含む)

※2

外部建具※2

健全化に必要な工事

瓦の部分取替え,

ズレの直し等の補修

応急的な土壁の修繕で

部分的な補修

部分修理

建て付け調整,

部分的な塗装

防蟻処理

補助単価

2,700円/㎡

3,200円/㎡ ※3

1,100円/m

協議による

3,900円/㎡

補助金額

補助対象費用の1/2,上限額30万円

  ※1 前年度(外部建具又は健全化に必要な工事は4年以内)に補助を受けた箇所は対象外となります。

  ※2 道路その他の公共の場所から見える部分の修繕工事に限ります。

  ※3 漆喰の補修については6,300円/㎡とします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局まち再生・創造推進室

電話:075-222-3503

ファックス:075-222-3478

フッターナビゲーション