スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成29年度「COOL CHOICE」としての公共交通利用促進について

ページ番号218071

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年6月23日

平成29年度「COOL CHOICE」としての公共交通の利用促進について



京都市長 門川大作

 京都議定書誕生の地である京都市では,平成20年度から「DO YOU KYOTO?」,「環境にいいことしていますか?」を合言葉に,オール京都で公共交通の利用や節電・省エネ,ごみの減量・マイバッグの使用など環境にやさしい取組を推進しています。

 中でも,公共交通の利用促進については,「人が主役の魅力あるまちづくり」を推進し,人と公共交通優先の「歩くまち・京都」の実現を目指すため,平成22年1月に,「歩くまち・京都」総合交通戦略を策定するとともに,「歩くまち・京都」憲章を制定しました。

 「歩くまち・京都」総合交通戦略では,「既存公共交通」の取組,「まちづくり」の取組,「ライフスタイル」の取組の3つの柱の相乗効果により,「歩くまち・京都」の実現を目指しています。このうち,「ライフスタイル」の取組では「スローライフ京都」大作戦(プロジェクト)として,市民の意識と行動に直接働きかけ,過度なクルマ利用を控え,歩くこと,公共交通等を利用することへの転換を促す取組であるコミュニケーション施策(モビリティ・マネジメント)を推進しています。

 平成29年度の「スローライフ京都」大作戦(プロジェクト)では,環境省が推進する地球温暖化対策の国民運動「COOL CHOICE」としての公共交通の利用促進に取り組んでまいります。

【具体的な取組】

○市内の各団体と連携した公共交通利用促進

 交通行動に係るアンケートの実施など

 【取組例】地域別の公共交通利用促進に係るコミュニケーション・アンケートの実施 など

○イベントでの「COOL CHOICE」としての公共交通利用のPR

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局歩くまち京都推進室

電話:075-222-3483

ファックス:075-213-1064

フッターナビゲーション