スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成27年度「歩くまち・京都」学習モデル授業実施報告書について

ページ番号200322

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年6月1日

平成27年度「歩くまち・京都」学習モデル授業実施報告書について

京都市では,「人が主役の魅力あるまちづくり」を推進し,人と公共交通優先の「歩くまち・京都」の実現を目指すため,平成22年1月に,「歩くまち・京都」総合交通戦略(以下,「戦略」という)を策定するとともに,「歩くまち・京都」憲章を制定した。戦略では,「既存公共交通」の取組,「まちづくり」の取組,「ライフスタイル」の取組の3つの柱の相乗効果により,「歩くまち・京都」の実現を目指しています。

 

このうち,「ライフスタイル」の取組では「スローライフ京都」大作戦(プロジェクト)として,市民の意識と行動に直接働きかけ,過度なクルマ利用を控え,歩くこと,公共交通等を利用することへの転換を促す取組であるコミュニケーション施策(モビリティ・マネジメント)(以下「MM」という。)を推進しています。

 

 平成24年度からは,学識者,教育委員会,教員から構成される検討会を設置し,教育現場のニーズを把握しながら,小学校低学年,中学年,高学年向けの学習指導案を作成し,各学年のモデル授業を実施する取組みを進めてまいりました。

 

 平成27年度においては,京都市立岩倉北小学校及び京都市立伏見板橋小学校において,「歩くまち・京都」学習モデル授業を実施しましたので,実施報告書を掲載します。

「歩くまち・京都」学習モデル授業実施報告書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局歩くまち京都推進室

電話:075-222-3483

ファックス:075-213-1064

フッターナビゲーション