スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

第50回京都市都市計画審議会の結果について

ページ番号131779

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年7月9日

第50回京都市都市計画審議会の結果について

1 日時 平成24年11月1日(木曜日) 午後1時30分から午後4時30分まで

2 場所 京都平安ホテル 2階 「白河の間」

3 諮問事項及び審議結果(3議案)

 計議第195号議案,計議第196号議案及び計議第197号議案については,承認されました。

⑴計議第195号議案 京都都市計画(京都国際文化観光都市建設計画)生産緑地地区の変更について(京都市決定)

 生産緑地地区制度は,市街化区域内において,緑地機能等の優れた農地等が都市化の発展に伴い無秩序に市街化され,生活環境の悪化をもたらすとともに,計画的な市街化を図るうえで支障を来すことのないよう,これらの農地等を計画的に保全することによって,良好な都市環境の形成に資することを目的とするものです。

 本都市計画は,この生産緑地制度の趣旨に沿い,市街化区域内における緑地機能等の優れた農地等について,市街地の動向を勘案し,都市的土地利用との調整を図りながら計画的に保全するため,生産緑地地区を変更するものです。

(変更の概要)

・ 面積:約656.37ha → 約643.70ha(12.67ha 減)

⑵計議第196号議案 京都都市計画(京都国際文化観光都市建設計画)地区計画の変更について(京都市決定)(明倫元学区地区地区計画の変更)

 明倫元学区地区は,わが国三大祭のひとつである祇園祭に多くの山や鉾を出す地区であり,室町時代以来の町衆によって形成された自治の気風,和装などの商いや伝統的なまちなみを伝え,商いと共存しながら多くの住民が暮らすとともに,地区内を通る烏丸通沿道には,銀行や企業の本社等が立地しています。

 また,「都市計画マスタープラン」においては,烏丸通及び四条通の沿道を,商業・業務機能の立地誘導,多様な都市機能の集積を図る地区として位置付け,それ以外の地区を,特色ある商業・業務機能の維持・充実と都心居住の促進を図る地域として位置付けています。

 明倫元学区地区地区計画は,平成18年7月24日に地区計画の目標と区域の整備,開発及び保全に関する方針の都市計画決定を行い,その後,平成20年1月17日に烏丸通沿道地区の地区整備計画を追加する変更を行いました。

 今回の変更は,当地区の区域を烏丸通沿道地区と新町通・室町通界わい地区の2つに区分し直すとともに,新町通・室町通界わい地区において,新たに地区整備計画を追加し,建築物の用途を制限することによって,商いの継承・発展とともに,地域の歴史・文化を受け継ぎ,住環境の向上,交流豊かなコミュニティの形成を図ろうとするものです。

(変更の概要)

・ 区域の面積:約22.2ヘクタール(新町通・室町通界わい地区:約17.2ヘクタール,烏丸通沿道地区:約5.0ヘクタール)

・ 地区整備計画を追加する区域の名称:新町通・室町通界わい地区

・ 新町通・室町通界わい地区における建築物等の用途の制限:次に掲げる建築物の建築を禁止

1風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営法」という。)第2条第1項に規定する風俗営業の用に供する建築物,2風営法第2条第6項に規定する店舗型性風俗特殊営業及び同条第9項に規定する店舗型電話異性紹介営業の用に供する建築物,3マージャン屋,ぱちんこ屋,射的場,勝馬投票券発売所,場外車券売場その他これらに類するもの,4カラオケボックスその他これに類するもの

⑶計議第197号議案 産業廃棄物処理施設の敷地の位置について(建築基準法第51条ただし書の適用)

 大岩街道周辺地域は,自然豊かな稲荷山の山麓部に位置していますが,大規模な野外焼却や違反建築などが行われてきました。

 それらの違反行為に対して是正指導に取り組んできましたが,産業廃棄物で形成された岡田山や違反建築物などの課題が残っているため,それらの解決を目的として,平成22年3月に「大岩街道周辺地域の良好な環境づくりに向けたまちづくりの方針」を策定しました。

 本案件は,このまちづくりの方針に基づき,地域内の関係者が自ら岡田山を撤去し,同地域の環境整備を進めていくため,岡田山の撤去に必要な機能を有する産業廃棄物処理施設の敷地の位置を決めようとするものです。

 それらの施設を設置するためには,建築基準法第51条ただし書の規定により,その敷地の位置が都市計画上支障のないことについて,都市計画審議会の議を経る必要があるため,審議会に付議するものです。

4 報告事項(2件)

⑴都市計画公園・緑地及び土地区画整理事業の見直し指針(案)について

 長期にわたり事業に着手していない都市計画公園・緑地及び土地区画整理事業の見直しの考え方や手順となる「都市計画公園・緑地及び土地区画整理事業の見直し指針(案)」を作成したため,内容及び今後の予定等の報告を行いました。

⑵祇園四条地区における地域まちづくり構想案について

 本年7月の審議会で承認され,地区計画を策定した祇園四条地区におけるまちづくりについて,京都市都市計画マスタープランの「地域まちづくり構想」に位置付けることを報告しました。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市企画部都市計画課

電話:075-222-3505 【受付時間】午前8時45分~11時30分,午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-222-3472

フッターナビゲーション