スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

令和2年度 第1回利用しやすい施設づくり部会

ページ番号284729

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年5月20日

案件名

令和2年度 第1回利用しやすい施設づくり部会

開催場所

書面開催

議題

京阪電鉄鳥羽街道駅バリアフリー化工事に係る意見聴取

議事内容

<主な意見・意見への回答>
【トイレ】
・ブース内の手すりが,2箇所とも右側に設置される図面になっているが,より多くの利用者に配慮するなら,1箇所は左側に設置してはどうか。
→一方について扉の開く方向を反転すれば,右・左それぞれ対応の個室の設置が可能と考えられる。
・国土交通省において「高齢者障害者等用トイレ」が真に必要な人が使えるよう表記等のガイドラインが改訂されたことも踏まえ,適切な対応をしてもらいたい。
→トイレの機能を示すピクトグラムをトイレに表示する。
【改札口】
・改札口に,筆談対応できる旨の案内表示があると,聴覚障害のある人は安心する。
・新設される改札口に券売機や精算機がないことについて,十分な周知が必要。
【案内表示】
・緊急時に情報を得るためのディスプレイを改札口前に設置するとのことだが,ホームにも設置してはどうか。
→ホームでは,緊急時には列車接近表示機に表示するとともに,放送でもお知らせする。
【全般】
・現状の限られた空間において,点字案内,スロープの設置など,工夫されている。

担当課等

保健福祉局 障害保健福祉推進室

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション