スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

鳥羽水環境保全センター吉祥院支所

ページ番号267881

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年4月1日

鳥羽水環境保全センター吉祥院支所
鳥羽水環境保全センター吉祥院支所の概要
 運転開始 昭和9年4月
 敷地面積 29,000㎡
 処理能力 34,000㎥/日
処理方式

・ステップ流入式多段硝化脱窒法(A系列)

・オゾン処理

 放流河川名 西高瀬川

 鳥羽水環境保全センター吉祥院支所は,昭和9年に運転を開始した京都市で最も古い下水処理場です。流入下水の減少や施設の老朽化を踏まえ,吉祥院処理区を鳥羽処理区に統合するとともに,吉祥院支所への流入下水を鳥羽水環境保全センターへ段階的に切り替えるなど,施設規模の適正化を進めています。現在,2系列(A,B)のうちB系列を休止し,A系列において高度処理を行っています。

 処理区域内には伝統産業である染色工場が多く立地し,排水に起因する放流水の着色が問題になっていましたが,それを除去及び消毒する目的でオゾン処理施設を導入し,放流先の西高瀬川に清澄な流れを取り戻しています。

お問い合わせ先

京都市 上下水道局下水道部施設課

電話:075-672-7832

ファックス:075-682-2715