スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「第3期京都市市民参加推進計画 策定にあたっての提言書」提出について

ページ番号277448

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年12月23日

「第3期京都市市民参加推進計画 策定にあたっての提言書」提出について

 京都市では,「京都市市民参加推進条例」に基づき,市民参加を市政運営の柱に据え,平成28年3月に策定した「第2期京都市市民参加推進計画改定版」のもと,参加と協働による豊かで活力ある地域社会の実現を目指して様々な取組を展開しています。

 令和2年度末で計画改定から5年を経過することとなり,少子化,長寿化の更なる進行や担い手不足,SDGs・レジリエンスの重要性の高まり,ウィズコロナ社会への対応など,この間の社会情勢の変化を踏まえ,本年度中に次期計画を策定することとしています。

 本市の市民参加を推進する附属機関である「京都市市民参加推進フォーラム」では,これまでの「市民参加推進計画」の取組状況を検証し,市民参加の現状や成果,課題等を整理して,今後の対応策を検討するため,令和元年度・2年度に渡って,合計7回の全体会議,2回の部会を開催したほか,市民の意見を広く聴くための取組として,オンラインによるトークイベント「市民参加フリートークセッション」を4回実施するなど,議論を深めてきました。

 その成果として,「第3期京都市市民参加推進計画策定に当たっての提言書」がまとめられ,令和2年10月28日,同フォーラムの内田座長から門川京都市長に提出されました。

提出の様子
対談の様子

提言全文

提言書全文

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局総合政策室市民協働推進担当

電話:075-222-3178

ファックス:075-212-2902

フッターナビゲーション