スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

(市役所の仕事とみんなのくらし 5)医療福祉

ページ番号98318

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年7月14日


医療や保健、福祉の仕事

おじいさんは、少し足が悪(わる)いので、月に1回、市立病院(しりつびょういん)で足の状態(じょうたい)を見てもらっています。
 「いつも親切に見てもらっているから、安心(あんしん)だよ」


子どもの健康づくりのためのスポーツ教室


市役所(しやくしょ)では、市民(しみん)の皆(みな)さんの健康(けんこう)な暮(く)らしを支(ささ)える医療(いりょう)や保健(ほけん)の仕事(しごと)をしています。
 おじいさんが通っている市立病院(しりつびょういん)では、内科(ないか)、外科(げか)、眼科(がんか)、歯科(しか)など、いろんなけがや病気(びょうき)に対(たい)する治療(ちりょう)が受(う)けられます。
  また、急(きゅう)に病気(びょうき)やけがになったときのための診療所(しんりょうじょ)も開(ひら)いています。このように、病気(びょうき)やけがを治療(ちりょう)することを医療(いりょう)といます。
 しかし、病院(びょういん)にかかる前に、病気(びょうき)やけがのない健康(けんこう)な体を作ることがいちばん大事(だいじ)です。そこで、市役所(しやくしょ)では、市民(しみん)の皆(みな)さんが健康(けんこう)な体づくりをするためのお手伝(てつだ)いもしています。たとえば、健康(けんこう)な生活について学ぶ教室を開(ひら)いたり、病気(びょうき)の検査(けんさ)をしたり、相談(そうだん)に乗(の)ったりもしています。

目の不自由な人や目を閉じて髪を洗うときにも区別ができるよう刻みを入れたシャンプーの容器と刻みを入れないリンスの容器


インフルエンザやO157などの感染症(かんせんしょう)(人に染(うつ)る病気(びょうき))を予防(よぼう)するため注意(ちゅうい)するお知らせをしたり、その病気(びょうき)が広まらないよう色々な対策(たいさく)をしたりもします。
 また、すべての人が幸(しあわ)せで安心(あんしん)した暮(く)らしができるように手助(てだす)けする仕事(しごと)をしています。これを「福祉(ふくし)」の仕事(しごと)といいます。
 たとえば、障害(しょうがい)のある人やお年寄(としよ)り、小さな子どもがいる人、仕事(しごと)がなく生活に困(こま)っている人などが、安心(あんしん)した暮(く)らしができるよう、相談(そうだん)に乗(の)ったり、援助(えんじょ)をしたりしています。
 そのほか、年齢(ねんれい)や体の状態(じょうたい)などに関係(かんけい)なく、誰(だれ)もが気持(きも)ちよく住(す)むことができる環境(かんきょう)づくりなどもしています。

保健や福祉の仕事は、みんなの暮らしをよくするための大事な仕事なんだね。
縁の下の力持ちだね。
上にもどる

  • 前のページへもどる
  • トップページへもどる

フッターナビゲーション