スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成22年度国の予算・施策に関する提案・要望

ページ番号63822

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2009年6月16日

国家予算要望

【平成22年度国の予算・施策に関する提案・要望(最重点)】

要望書表紙

 平成21年6月,各省庁の平成22年度予算概算要求に先立ち,地域主権時代をリードし,市民との共汗と行政の縦割りを排した政策の融合による総合的なまちづくりを推進していくために,国の理解と協力が必要な提案・要望66項目の中から6政策10項目を厳選し,最重点項目として要望行動を行いました。                                              

 今回は,引き続き,「国家戦略としての京都創生の推進」を軸に,

○ 歴史都市・京都の景観を保全・創造するため,国の創設した様々な支援制度の更なる拡充と景観を著しく阻害している電線の無電柱化の早期推進

○ 京都国際マンガミュージアムを文化庁が設立を予定している国立メディア芸術総合センター(仮称)の専門施設として位置付けたうえでの機能充実

○ 京都に集積する歴史的・文化的資源を活かし,国の総合的な文化政策を展開するための文化庁分室の設置

○ 観光立国を推進する日本の先導的役割を果たす拠点として,観光庁分室の設置

○ 環境モデル都市として,「歩くまち・京都」の実現に向けた総合交通戦略に対する総合的な支援制度の創設

などを提案・要望しました。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066

フッターナビゲーション