スマートフォン表示用の情報をスキップ

SSL/TLS(暗号化通信)について

ページ番号6397

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年3月22日

SSL/TLS(暗号化通信)について

インターネットでは,暗号化せずにデータの送受信を行った場合,その通信を盗み見されると,情報が第三者に漏えいする危険性があります。また,ウェブサイトの改ざんなどにより,相手が正しい通信先になりすましていた場合は,相手に情報を盗み取られる危険性があります。

そのため,SSLやTLSと呼ばれる技術を使用することによって,相手が正しい通信先であることを証明するとともに,その通信を暗号化し,情報が第三者に漏えいしないようにする取組が広がっています。

SSL(Secure Socket Layer)とは,インターネット上でデータを暗号化して送受信する方法の一つです。TLS(Transport Layer Security)は,SSLの後継技術であり,現在の暗号化にはTLSが使用されています。ただし,SSLという言葉が広く定着したため,TLSのことも含めて「SSL」と表現されたり,このページのように「SSL/TLS」と併記したりする場合があります。

京都市情報館では,皆様に安心・安全に御利用いただけるよう,全てのページでTLSによる暗号化を行っています。暗号化通信が行われているときは,ウェブブラウザで表示しているページのURLが「https」で始まるとともに,アドレスバーに南京錠のマークが表示されます。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局情報化推進室情報政策担当,情報セキュリティ・ICT推進担当

〒604-0931 京都市中京区押小路通河原町西入榎木町450番地2

電話:075-222-3255

ファックス:075-222-3259

フッターナビゲーション