スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

Green-Agri Challenge KYOTO 2021(京都市環境保全型農業実証事業)の最終審査の結果について

ページ番号286235

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年6月28日

概要

 京都市では,農業を未来へとつなぐ「環境×農業」の新しい都市型農業の構築に向け,環境負荷を軽減しながら,生産性や付加価値を高める実証支援事業―「Green‐Agri Challenge KYOTO 2021」を令和3年度からスタートしました。

 減化学合成農薬,減化学肥料を行う「環境保全型農業」の推進に向け,課題と言われる「収量の減少や労力の増加」などをクリアできるアイデアを募集したところ,11件の提案があり,そのうち5件が一次審査を通過しました。

 この度,3件の提案が最終審査を通過しましたのでお知らせします。今後,所定の手続きを経た後,実証事業が開始されます。

最終審査の結果

 最終審査により選定された提案等は以下のとおりです。

最終審査結果(順不同)
 法人・団体名提案事業名  
 嵯峨地域農場づくり協議会 嵯峨嵐山の稲穂たなびく景観保全と地域農業の活性化
 株式会社カルテック 無理なく減農薬・減化学肥料,美味しくて地球にも人にも経済的にもやさしいカルテック農法
 国土防災技術株式会社 フジミン®を活用した環境保全型農業の普及実証事業

問い合わせ先

 Green‐Agri Challenge KYOTO事務局(運営:株式会社マイナビ)

 〈メールアドレス〉

  [email protected]

お問い合わせ先

産業観光局 農林振興室 農林企画課
電話:075-222-3351
ファックス:075-221-1253

フッターナビゲーション