スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)における本市の独自のルール等について

ページ番号234821

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年3月20日

住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)における本市の独自のルール等について

 平成30年6月15日から住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)が施行され,条件が整えば,一般の「住宅」においても届出を行うことにより,「民泊」として営業できるようになります。

 これを受け,本市においても住宅宿泊事業施設の適正な運営等に係る独自のルールの策定や民泊に関する周知活動等を実施しております。

 詳しくは,以下を御参照ください。

⇒住宅宿泊事業(いわゆる民泊新法)について

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション