スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

新京都市商業振興ビジョンの策定について

ページ番号1605

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2010年6月30日

 京都市では,商業をまちの生活に彩りを与える「都市の華」と位置付け,①自由な競争下における本市商業のあり方,②がんばる商業者への積極支援,③賑わいを創出するソフト事業への支援,などを柱とした,「京都市商業振興ビジョン」を平成9年度に策定し,様々な施策,事業をすべて着手・実施してきたところです。
 また,全国に先駆けて,平成12年度に策定した「まちづくり条例」と「京都市商業集積ガイドプラン」に基づき,無秩序な商業開発を抑制し,都市づくり整合した,賑わいと華やぎのある商業集積の形成を推進するなど大きな成果を上げています。
 錦市場商店街の店舗誘致システムの構築や四条繁栄会の地区計画導入など,より個性的な商店街づくりや,町家を改装した魅力的な店舗の出店,新風館など,若者を惹きつけるトレンディスポットの出現など,新しい賑わいの萌芽も確実に育っています。
 近年,地域商業を取り巻く環境は,デフレの進展,業種・業態の多様化による競争の激化,消費社会の成熟などにより,大変厳しいものがありますが,こうしたときにこそ,新しい萌芽を全市の新たな商業活動の大きな流れにつなげていくため,この度,2010年(平成22年)までに取り組む商業振興施策の方向性と,具体的なアクションプランを盛り込んだ,「おいでやす京の商い~京都市商業ビジョン2004」を平成16年3月に策定しました。

おいでやす京の商い~京都市商業ビジョン2004~

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
取組経過

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部商業振興課

電話:(代表)075-222-3340,(プレミアム付商品券)075-222-3383

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション